・ダイエット中の筋トレ、ランニング、ウォーキング、ヨガの効果をまとめてみた。

食事制限以外でダイエットをするなら、やっぱり体を動かすことが一番だと思います。体を動かしてダイエットをするには、消費カロリー>摂取カロリーが成り立つ必要があります。そうなると、一番に思いつくのがランニングやウォーキングの有酸素運動だと思います。この2つはダイエットだけでなく、健康維持のためにも役立つ運動でもあります。足を動かすことで、第二の心臓と言われる足の筋肉が刺激され、健康維持・体力維持にとても効果があります。もちろんダイエットにも効果があるので1時間程度の有酸素運動を継続することで、体重減少が期待できます。よりダイエット効果を向上させるためには、筋肉をつけ消費カロリーをより大きくすることでがおすすめです。筋力をつけるためには、筋トレです。より効果が出やすい筋トレは、大きな筋肉の筋トレが即効性があります。それは、腹筋や背筋、大腿筋です。この部位の筋トレは、比較的知られているので、トレーニングはしやすいと思います。しかし、無理をすると身体を痛めてしまう可能性もあるので、正しい方法で徐々に強度を強めていく方法で行ってください。ランニングやウォーキングをしていて腰が痛くなったことありませんか?体幹の筋力が少ないと、腰で支えることに無理が生じて、腰を痛めてしまうことがあります。どうすればいいかというと体幹トレーニングをすることが良いのですが、体幹トレーニングは意外と地味で続けるのが難しいものです。そこでお勧めしたいのは、ヨガです。ゆっくりとした動きでも、精神的なリラックスとともに体を動かして、筋力も鍛えられます。ヨガは、ホットヨガなど、種類がありますが好みの物を選んでいただければと思います。実際に、ダイエットの効果というと、3ヶ月で15kgのダイエットに成功しました。初めの1ヶ月はウオーキングを続けながら、体幹トレーニングをしました。2か月目は、トレーニングを筋トレに切り替えてウオーキングとランニングを続け、3ヶ月目は、体幹トレーニングと筋トレにランニングを行い、15kgのダイエットが出来ました。80kgから65kgです。かなり身体が軽くなり、筋力が付いたので疲れにくくもなりました。とても満足度の高い3ヶ月になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました