うどんと米はどっちが太る?

      2019/06/08

ダイエットしたいなら、食品にも配慮する必要があります。米もその1つで、炭水化物は比較的多めな食材ではあります。痩せたい時には、うどんの方が米よりはおすすめです。カロリーも糖質も、米よりは少ない食材だからです。

うどんと米のカロリーはどちらが多いか

ダイエットしたいなら、やはりカロリーにも配慮する必要があります。摂取するカロリーよりも消費カロリーの方が多ければ、身体は自然に痩せていくからです。食品のカロリーは、少ないに越した事はありません。
うどんという食品は、実はカロリーはあまり高くないのです。うどんの場合は、100グラムあたり105kcal程度と言われています。他の食材と比べると、かなりカロリーの数字は低いのです。
米の場合は、100グラムあたり168kcalになりますから、うどんの約1.5倍程度になるでしょう。どっちが太るかと言われれば、やはり米の方になります。

糖質も米の方がうどんよりも多い

ところでダイエットしたいなら、糖質も軽視できません。食品から摂取する糖質も、多すぎないに越した事はないのです。
というのも糖質過剰な状態になってしまいますと、体内の中性脂肪の量が増えてしまうのです。肥満の原因になりますから、食品に含まれる糖質も少ないに越した事はありません。
ちなみに糖質は、主に炭水化物の中に含まれています。ですから多くの炭水化物を摂取してしまいますと、体内の糖質の量も増えてしまうのです。
具体的にどの食材なら炭水化物が少ないかと言うと、その1つが上述のうどんなのです。茹でたうどんの炭水化物は、100グラムにつき21.6グラムになります。食物繊維も0.8グラム程度に過ぎません。
それに対して米という食品の場合は、100グラムあたりの炭水化物は37.1グラムになりますし、食物繊維も0.3グラム前後になるのです。うどんと比べると、糖質が比較的多い事は明らかでしょう。
以上の点を考慮しますと、やはり米よりはうどんの方が太りづらい食品と言えます。

 - どっちが太る?痩せる?, ダイエット 空腹 食欲 対策