ケチャップとマヨネーズどっちが太る

      2019/06/08

調味料の中でも、使う頻度が強いのがケチャップとマヨネーズだと思います。
ですが、どちらがカロリーが高いかというと、判断に困ると思います。
カロリーだけを見ると、ケチャップは100gあたり、120キロカロリーですが、マヨネーズは同じ量で700キロカロリーもあります。
ここだけ見ると、マヨネーズの方が太りやすいと思ってしまいます。
ですが、糖質の量を見るとケチャップは25グラムに対して、マヨネーズは3グラムしかありません。
カロリーは低くても、糖質が多いケチャップの方が太りやすいのです。
ケチャップはトマトを使っているので、健康でヘルシーなイメージがありますが、甘味料が入っている分、どうしても糖質が上がってしまいます。
また、糖質は血糖値を上昇させてしまう働きもあるので、食べる時には注意が必要です。
ですが、ケチャップの原料であるトマトには、リコピンというダイエット効果もある物質があるのですが、やはり甘味料や添加物を使っているので、太りやすくなってしまのです。
ですが、ケチャップも大量に食べなければ太るという事はありません。
どうしても食べたい時には、ケチャップの量に気を付ける事が必要です。
イメージ的には、油などを使っているマヨネーズの方が太りやすいと思いがちですが、実はマヨネーズはダイエット向きの調味料なのです。マヨネーズは糖質が少ない上に、血糖値が上がりにくい特徴も持っているので、ケチャップとマヨネーズ、ダイエット中にどちらを食べようか迷った時には、太りにくいマヨネーズがおすすめです。
調味料は太るというイメージが強い事もあリますが、使う量や食べ方によっては、ダイエットの強い味方になってくれます。
どうしても、ケチャップを食べたい時には、ケチャップを手作りするという方法もあります。
砂糖を控えて作れば、太りにくく、健康に良いケチャップが完成します。
また、ケチャップは食欲を増進させてしまうので、食事そのものの量にも気を付けましょう。

 - どっちが太る?痩せる?, ダイエット 空腹 食欲 対策