そばとそうめん どっちが太る

      2019/06/08

ダイエットをしつつもお腹は減ってしまいます。
そんな時に考えてしまうのが、カロリーが少ない食べ物ではないでしょうか。
ダイエット中は出来るならカロリーオフの食べ物を探し出したい所ですが、見つけにくいのも事実です。
そんな時には食べ物を探す手間を省くための誰もが見たことがある食品があります。

それが、簡単にスーパーなどで手に入るカロリー少なめな商品の麺類なのです。
例をあげますと、そば、そうめんが代表格ですね。

こうした麺類を毎日食べればカロリーも抑えられダイエットに成功する近道となるでしょう。

しかし、麺類は炭水化物でもあります。
ですから大量に食べた時はダイエットと結び付かない状態もあるでしょう。

お米と同じダイエットの天敵でもある炭水化物と気がついてしまうと食べても同じだと感じてしまいますが、それは少し違います。

それは、そばでも、そうめんでも料理の仕方によってはグンとカロリーが抑えられて美味しく頂けるからです。
その方法とは茹でる時間です。
そば、そうめんの量はともかく下準備の茹でを工夫しましょう。
両方とも茹で時間5分内におさめるといい方法になります。
それは、GI値が抑えられるからです。

あまり茹で時間が長くなりすぎると、消化も早まってGI値も高まり体内で糖質が蓄えられてしまいます。
なので、その蓄えることをなるべく避けるために、茹で時間を最小限の5分で抑えることがポイントになります。

そこで、そばとそうめんどっちにしようか迷う時はこうしましょう。
スパーフードでもあるそばに軍配があります。

実際、そばの場合ですとカロリー自体はそうめんよりも低いです。
そばのカロリーが100グラムあたり274ぐらいに対して、そうめんでは100グラムあたり356くらいのカロリーです。

このカロリーを比べるとそばの方がカロリーが、少ないのでダイエットに適しているのはそばですね。
しかしアレルギーなどがある時は、そうめんで対応しましょう。
そばの茹で時間どうように5分位で茹で時間を終了して食しましょう。

また、そうめんは食べやすく何束でも食べてしまいますが、そこは食べたい気持ちを抑えつつゆっくりと噛む回数を増やして対応です。

そうして付け合わせはカロリーが、少ない付け合わせを考えるのがベストでしょう。
そばでも、そうめんでも一緒に食べる付け合わせによってカロリーがまたまた変わるってしまうので、少し注意したいものです。

そんな、そば&そうめんを食べながら、そうして選びつつベストな方法で楽しんでください。

 - どっちが太る?痩せる?, ダイエット 空腹 食欲 対策