炭水化物 お菓子 どっちが太る

      2019/06/08

いつの間にか太ってしまう原因は炭水化物やお菓子に含まれる糖分などがありますが、ダイエットをするためにはそれぞれの特徴を理解する必要があります。基本的に炭水化物は糖質と食物繊維を両方含むため、痩せたいと考えていれば炭水化物を制限すると効果的です。しかし、食事の糖質は必要な量を摂取しないと力が出ないため、体調不良になることや代謝が下がって脂肪燃焼をしにくくなります。

・炭水化物とお菓子の関係とは

基本的に炭水化物は取りすぎると肥満の原因になり、白米の食べ過ぎで起きやすくなるため玄米に置き換えるなど工夫すると防げます。その代わりにお菓子を食べて痩せようと考えがちですが、主原料として米や小麦粉など炭水化物が含まれて砂糖や油や塩分などが含まれます。このため、お菓子を食べてダイエットをすることは逆効果になり、食品成分表示をじっくり読んでから選ぶことが重要です。お菓子は糖質の塊であるためご飯を抜いて食べると太りやすい体になり、活動に必要なカロリーは消費するものの余った分が脂肪として蓄積されて逆効果になります。逆に、ご飯は血糖値の上昇が緩やかで食べすぎなければお菓子より脂肪を作りにくく、逆にお菓子は少しでも太りやすくなると理解することが重要です。

・ダイエットを成功させるためにはどうすべきか

お菓子はカロリーが多く含まれてご飯抜きでも必要な摂取量は満たせますが、ビタミンやミネラルが不足すると痩せにくくなります。逆に炭水化物の中でもお米はタンパク質が体を作り、食物繊維が含まれ腸内環境を改善して便秘を防いで健康に良いです。お菓子は糖質が多いことだけでなく加工時に脂分や食品添加物が含まれ、体に必要な栄養素が含まれていないものです。このため、消化や吸収ができなくなるため基礎代謝が悪くなります。結果的に炭水化物よりもお菓子のほうが太りやすくて健康にも良くないため、食事のバランスを良くするなど考えることが大事です。

 - どっちが太る?痩せる?, ダイエット 空腹 食欲 対策