蕎麦とうどん どっちが太る

      2019/06/08

蕎麦とうどんは似たような食品になりますが、どっちがダイエットに有利なのでしょうか?
別の言い方をすると、蕎麦とうどんはどっちが太るのでしょうか?
そういった部分を比較しておくと、ダイエット中にどちらを摂るべきか?判断がしやすくなると言えます。

・蕎麦とうどんのカロリーを比較
蕎麦とうどんは、それぞれそば粉と小麦粉から作られていますが、この2つでカロリーはどっちが高いのか?気になるでしょう。
しかし、そば粉と小麦粉では明らかなカロリーの差というのはありませんから、同じ量を使ったときには太りやすさには差が出づらいということが言えます。
つまり、カロリーの差から蕎麦とうどんではどっちが太るのか?というのは、結論が出せないのです。
ただ、カロリーがほぼ同じだからどっちを食べても同じなのか?と言えば、実はそうではありません。
蕎麦とうどんにはダイエットにかかわる重大な違いが隠れているのです。

・同じ量を食べてお腹が膨れやすいのはうどん
蕎麦とうどんではカロリーに差がほとんどないため、どっちが太るか?というのは一概には言えません。
しかし、両者を作る過程である大きな差があり、それが水分の含有量の違いになります。
基本的には蕎麦とうどんでは、うどんの方が水分が結果的に多く含まれるという状態になりますから、同じ量を食べたときには、うどんの方がお腹が膨れやすい状況になります。
つまり、うどんの方が満腹感を得やすいので、満腹になるために必要な量というのが、うどんの方が少ないのです。
ここはダイエットにおいてうどんの方が有利と言える根拠になるのです。

・うどんを食べた場合には少ない量で済む
うどんの方がお腹が膨れやすいならば、蕎麦と比べたときにうどんの方が作る量、食べる量を少なくできます。
同じ満腹感を得るために必要な量が少ないということはそういうことなのです。
だから、うどんを選んだ方が結果的にカロリー摂取量も減るので、太りづらいということが言えます。
したがって、蕎麦とうどんではどっちが太るのか?と言えば、蕎麦という回答になるでしょう。

 - どっちが太る?痩せる?, ダイエット 空腹 食欲 対策