グリーンスムージー 効果

モデルや女優の間で流行っているグリーンスムージー。時間がなくても無理なくできるとして話題になっていますよね。グリーンスムージーの効果について具体的にどのような影響があり、どんな飲み方が効果があるのかを説明したいと思います。まずはじめの効果ですが生活習慣病の予防ができます。グリーンスムージーには、多くの野菜や果物が入っており、そもそもこれらの野菜やフルーツは、血糖値を抑制したり、血液をサラサラにする効果で知られています。またグリーンスムージーというとダイエットを思い浮かべる人も多いでしょう。野菜や果物の酵素を取り入れることで代謝を高めて、ダイエットしやすい体質作りを実現できると考えられています。野菜や果物を皮ごと全て食べられるので、不足しがちなビタミンやミネラルを充分にとることができ、ダイエット中でも栄養不足になることがありません。グリーンスムージーは健康的なダイエットにぴったりの飲み物です。さらに便秘解消につながります。食物繊維をたっぷりとれるからです。酵素もたくさん取り入れることができます。グリーンスムージーは野菜や果物を皮ごとミキサーにかけるのがよく、含まれている食物繊維をそのまま全部飲むことができます。腸内環境を整えてくれ、酵素も同時にとることができるので、続けることで気になる便秘が解消することができます。また便秘の解消によって、肌が綺麗になったりと肌トラブルの改善にも力を発揮します。しかしグリーンスムージの効果を存分に発揮するためには正しい飲み方をしなければいけません。単に飲めば良いというわけではなく、できれば朝飲むようにする、グリーンスムージーを飲む前後40分間は何も食べないようにする、咀嚼しながら飲むようにするといった飲み方のコツを押さえておくのがいいです。グリーンスムージー基本の作り方は野菜と果物が6対4で、グリーンスムージーは野菜と果物で作りますが、その際の割合は野菜:果物が6:4になるようにするのが基本です。おいしく飲んでダイエットに、肌荒れにとたくさん解決できる飲み物です。

 

グリーンスムージーダイエットは女優やモデルを始めとした多くの芸能人や有名人が取り入れているダイエット法ですが、具体的にグリーンスムージーにどんなメリットがあるのか分からないとう方も多いと思います。

そこで今回はグリーンスムージーについて、具体的にどんなメリットがあるのか書きたいと思います。

グリーンスムージーのメリットは色々とあるのですが、その中でも特に大きなメリットとして挙げられるのは手軽に多くの野菜や果物を摂取できる点です。

最近ではカット野菜などを購入することで気軽に野菜を摂取することができますし、果物についてもデザートなどで気軽に食べることはできます。

ただ一度に食べることができる野菜や果物の量にはどうしても限界がありますし、特に女性や子供は一度にたくさん食べるのは難しいです。

そもそも1日に必要な量の野菜をサラダなどで摂取するのもかなり大変なのですが、大量の野菜や果物をミキサーでドリンク状にしたグリーンスムージーなら手軽に十分な量の野菜や果物を摂取できます。

またグリーンスムージーは固形ではなくドリンク状で飲みやすく、レシピ次第であまり野菜感のない味わいにすることも可能なので、野菜が苦手な人でも美味しく野菜を摂取できるメリットもあります。

ダイエットはやり方を間違えると無理な食事制限などで栄養バランスが乱れてしまい、肌荒れしたり体調不良になってしまうこともあります。

しかしグリーンスムージーダイエットの場合は野菜や果物から豊富な栄養素を摂取できるので、そういった栄養バランスの乱れによるトラブルが発生しづらいメリットもあります。

例えばグリーンスムージーなら野菜に含まれる豊富な食物繊維を摂取できるので、腸内環境が整えられてダイエット中にありがちな便秘を防ぐことができます。

またそれ以外にも野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルに加えて酵素なども摂取できるので、グリーンスムージーダイエットであれば健康的に痩せることができます。

グリーンスムージーには一度に大量の野菜や果物を摂取できるメリットに加えて、野菜が苦手な人でも美味しく野菜を摂取できるメリットもあります。

また豊富な栄養素を摂取できることから健康的に痩せられるといったメリットもあるので、これからダイエットに挑戦しようと考えている方は、グリーンスムージーダイエットをぜひ検討してみてください。

 

 

グリーンスムージーを飲んで美しく痩せるダイエット法が人気急上昇中です。その人気の秘密は多くのメリットにあると言えるでしょう。例えばグリーンスムージーは、ほうれん草や春菊、ケール、セロリなどの緑黄色野菜をたっぷりと使用し、さらに果物なども加えることによって飲みやすく美味しくなり喉越しもよくなるので毎日素材を変えて行けば、レシピの種類も幅広くなるので飽きずに続けることができます。

グリーンスムージー作りに使用できる野菜や果物は、まさに無限大。冷蔵庫の中にあるものを基本的には何でも使って作ることができます。そのため栄養バランスも非常に良いのでビタミンやミネラル、食物繊維など必要な栄養素を手軽に摂取することができるのです。さらに野菜類などの素材に加えてヨーグルトや豆乳を加えれば、かなり腹持ちの良いスムージーが出来上がります。

グリーンスムージーによるダイエット法として最も注目されているのは置き換えダイエットでしょう。置き換えダイエットは朝食や夕食など1日のうち一回の食事をグリーンスムージーだけにするやりかたです。これにより1日のカロリー摂取量を抑えることができるので効率的に体重を落とすことができるのです。普通は日々の食事でカロリーを落とした食事をすると、どうしてもお腹がいっぱいにならず、常に空腹感と戦わなければならないので非常に辛いダイエットとなります。そのためなかなか継続していくことが難しいのです。

ですがグリーンスムージーの最大のメリットである、腹持ちの良さを利用してダイエットを行えば1週間単位でもかなりのダイエット効果を実感することができるのです。このようにグリーンスムージーのメリットはダイエットが楽にでき、さらに栄養バランスを損なうことなく体重を落としていけるため、メリハリのある綺麗なボディラインを保ちながらダイエットすることができるという点に尽きるのです。

思い立ったら手軽に用意できるグリーンスムージーで理想のボディラインを目指してみてはいかがでしょうか。

 

朝にコップ1杯のグリーンスムージーってとてもオシャレなイメージがありますよね。
実はグリーンスムージーの効果は美容だけではなく、健康にも驚きの効果があります。

1.グリーンスムージーに入っている野菜や果物には植物繊維がたっぷり含まれています。
そのおかげで胃腸の働きが活発になり、お通じの調子が改善効果が期待できます。
お通じ効果が期待できるグリーンスムージーの材料
野菜(ほうれん草・青菜・セロリ)果物(バナナ・グレープフルーツ・リンゴ)

2.沢山の野菜や果物を食べることによって沢山のビタミンを摂取することで抗酸化物質が増えて体の酸化を防ぎます。
ビタミンCはシシミ・そばかす効果があります。その結果美肌効果に最適です。
野菜(人参・トマト)果物(りんご・パイナップル)

3.生の野菜と生の果物から加熱することなく作られているので、酵素やビタミンなどの栄養素を殺さず体内に入れることが出来ます。
その結果、、体の老化を引き起こす活性酸素を除去できて体の老化を防ぐことが出来ます。

4.成人が1日必要とされる野菜の量が生で300~350gです。野菜一杯のグリーンスムージーを飲めば
1日に必要な大半の野菜を摂取することが出来ます。

6.生活習慣病によって血管の中の血液はドロドロ。そんな時野菜や果物をたっぷりコップ一杯飲むことにより血液をサラサラにしていく効果が期待できます。

7.食事前にグリーンスムージーを飲むことによって、食欲を抑えてくれるのでダイエットにも有効です。
また、ダイエット中の栄養不足もグルーンスムージーを飲むことで解消できます。

特にダイエット効果を期待したい人は、あまり果物を入れないようにしてください。
市販のグリーンスムージーは飲みやすくするために、はちみつやフルーツを多めに入れています。
、もし健康のためにもしグリーンスムージを飲んでいる方でしたら、全く問題はありません。
しかしダイエット効果を狙っている場合は、果物3野菜7の割合でグリーンスムージーを作ってみてください。多少飲みにくいかもしれませんが、糖質の量が少ないのでダイエット効果も高まります。

また、グリーンスムージーは基本的に水・野菜・果物で作ります。
牛乳やヨーグルトなどのたんぱく質と一緒にミキサーに入れてスムージーにして飲んでも動物性たんぱく質は体に吸収されにくくなるので、あまりお勧めはできませんね。
出来れば豆乳や絹ごし豆腐のような植物性たんぱく質を使ったグリーンスムージ-の方がおススメできます。
また栄養一杯のグリーンスムージを飲みたい場合は、できれば皮ごと使用してください。
皮ごと丸ごと使うことが出来る有機野菜でグリーンスムージを作ることをお勧めします。

栄養一杯のグリーンスムージーを飲んで健康も美容もすべて手に入れましょう!

 

グリーンスムージーでコンビニで買えるものん中で圧倒的におすすめなのがローソンのグリーンスムージーシリーズです。おすすめポイントとしては①味が美味しいこと②パッケージのセンスの良さ③人工甘味料不使用で1日分の野菜350gが手軽に取れること、以上の3つのことが挙げられます。

①味が美味しいこと
これに関しては、コンビニ価格で200円以下の飲料としては、かなりレベルが高いと思います!本当に自分で材料からミキサーにかけたような味に近く、いかにも「コンビニ」感が全くないです。スムージー専門店で購入したら下手したら500円前後ないしはそれ以上するものもありますが、味に対してのコストパフォーマンスは非常に高いと思う一品です!

②パッケージのセンスの良さ
パッケージのセンスの良さは女性にとって意外と大きい部分と思います。ローソンのグリーンスムージーは、バックが入っている野菜の写真がプリントされており、中央にシンプルに商品名が黒でプリントされています。第一にパッと目を引くのと、見た目からしてもカラダに良さそうでテンションが上がります。街中やオフィス内で飲むにも変に悪目立ちしないシーンに溶け込むようなイメージです。外で飲み歩きしてもお行儀悪く見えづらいパッケージで働く女性として重宝します。

③人工甘味料不使用で1日分の野菜350gが手軽に取れること
これも大きなポイントです。人工甘味料が使用されていると、どうしてもそれっぽい甘みが気になるのとカラダにも良くないイメージがありますがこの商品には入っていないので安心です。この美味しさで1日分の野菜が凝縮されているのは非常に嬉しいです。継続的に飲みたくなります。

飲むシーンとしては、忙しくて朝ごはんが摂ることができなかった日や、置き換えダイエット時のランチやディナーの替わりとして利用することが多いです。土日で食べ過ぎてしまったときは、週明けのランチをグリーンスムージーに置き換えて都度都度リセットかけたりしています。

 

作り方

グリーンスムージーは多くは食物繊維となる葉野菜や果物を入れて作ります。そのため、ダイエット食としてお手軽に作ることが出来ます。作り方はとても簡単ではありますが、問題としては、ミキサーなど野菜を粉砕する道具を使用し、小松菜などの他、果物なども手でちぎり、ミキサーに入れるため、面倒であると感じることもあります。しかし包丁とまな板を使用しないことが売りの料理ですので、包丁とまな板を汚したくない方にはお手軽なダイエット料理です。さて、肝心の作り方ですが、まず、葉野菜となる物を選びミキサーに手でちぎりながら入れるのですが、量としては、一人分当たり、スーパーで売られている小松菜のパック2袋または1袋に相当する量を入れます。この時、小松菜やほうれん草を混ぜ合わせてミキサーに投入しても構いません。これだけではミキサーで粉砕した後、味わいも悪いですし臭いも気になるため、まず臭いを消すために柑橘系の果物を一つ入れると飲みやすくなります。オレンジやレモンなどを一つ入れる感じでミキサーに皮をむいた状態で放り込みます。もう少し飲みやすいほうが良いと感じた方については甘みを出すためにオレンジジュースなどを入れても良いですし蜂蜜を少し加えても良いです。ただし、グリーンスムージーと呼ばれることからグリーン色をしている液体でなければグリーンスムージーとは言わなくなりますので、色が濃いジュースでかつ緑の色を変えてしまうくらい濃い色のジュースを使用することは厳禁です。基本食物繊維となる物を入れてミキサーにかけるわけですから、バナナを1本加えてオレンジの代わりの甘みをつけるものに変更しても構わないです。全ての食材を入れ終えたらミキサーを起動して粉砕しますが、液体がドロドロになるまで粉砕をします。あまりにもドロドロしすぎている場合に置いては氷を入れて粉砕するなどの他、水を入れて薄めてしまっても構わないです。以上がグリーンスムージーの作り方ですが、まな板や包丁を使わなくても調理ができるダイエット食ですが、その分、手を使用して食材をミキサーに入りやすい大きさにちぎりいれる必要性がありますので多少は面倒な作業があります。ですが、入れる食材はメインとなるものはグリーン色の食材を多く含めば後の食物繊維となる食材については自由ですので、ニンニクなどを蒸した物を入れても構わないダイエット料理です。

グリーンスムージーは簡単に健康のために必要な野菜や果物を摂取できるメニューです。日本人の食事摂取基準で1日に摂った方がいい野菜の量は350g、果物は200gになります。これを毎日毎日摂ると言う自分の健康のためのミッションの達成は簡単なことではありません。でも、グリーンスムージーを一日一杯飲むようにすれば大分ミッション達成に近づけるでしょう。毎日続けるためには、費用が安く簡単に作れるというのが必須でしょう。作られて売っている市販のものももちろんありますが、毎日買っていたら結構家計を圧迫してしまいます。自分で簡単に作ることが出来るようにすることが経済的にも必要ですよね。とにかく、簡単に作る方法をご紹介したいと思います。まず、グリーンスムージーという言葉を聞いたことがあると言う位の方のためにどんなものなのか説明しますと、生の葉野菜、フルーツ、水をブレンダーなどでジュース状にしたドリンクです。ヨーグルトとか豆乳とか入れるともっと健康にいいのではと思いますが、消化しやすいように水だけにします。入れるものは葉野菜、フルーツ、水だけです。その割合ですが、縛りはなく先に書いた野菜と果物の量から言うと野菜が多いほうが健康にいいことは間違いないのですが、味から言うと果物が多い方が飲み易くなります。飲みなれてきたら野菜の量を増やして行けば健康には良くなります。水の量は150㏄位が基本ですが選んだ野菜やフルーツの水分量によっても変わってくるのでコップをちょっとゆらっとして、自分の好みのドロドロ加減に調整位にファジーに考えて大丈夫です。葉野菜もフルーツもこれじゃなきゃ絶対だめということはないので、冷蔵庫にあるもので作る位に考えていれば毎日続けることが出来るでしょう。葉野菜はサラダホウレンソウとか水菜は味にクセがないのでおすすめです。フルーツはりんごとかバナナはどの野菜とも相性がいい方でしょう。泡が立ちすぎると飲みにくくなると真空スムージーメーカーなるものも販売されていますが、簡単に始めるためにもそんなに高価なものじゃなくていいので、ミキサー、ジューサー、ブレンダーなどを一つ持っていた方がいいでしょう。一杯のコップに水、葉野菜、フルーツを入れてジューサーでかくはんしハイ出来上がり。これなら毎日続けられますよね。

 

 

・グリーンスムージーの効果とは?

グリーンスムージーは生の野菜やフルーツなどをミキサーで回して作るため、含まれている栄養素を摂取できます。基本的に、野菜やフルーツは加熱すると栄養価が下がってしまいますが、すりつぶしてそのまま飲めば効率良く必要な栄養素を補給できて効果的です。効果は基本的にダイエットやアンチエイジング、便秘解消以外に糖尿病やがん、心血管障害を予防できます。これらの効果は医学的に証明されているため信頼でき、野菜やフルーツには多くの酵素が含まれ新陳代謝の促進され、老化を防ぐことや腸内環境を整えてダイエットにも効果が高いです。

・正しい飲み方とは

グリーンスムージーは栄養価が高くて健康な体作りができますが、誤った飲み方をすると逆効果になるため注意が必要です。野菜にはソラレンを含むと光毒性があるためいつの間にか肌の老化を早めてしまうこともあり、きゅうりやオレンジなどの柑橘系の果物に含まれます。また、グリーンスムージーは冷たいためスッキリすると思われがちですが、体を冷やすと代謝が落ちて腸内環境が悪化して便秘の原因になるため冬場には注意が必要です。ダイエットは冷えが天敵になるため氷を入れるなど冷たくしないように心がけ、常温で飲むようにすれば効果を期待できます。

・どのようにすれば効果を出せるか考えよう

グリーンスムージーの作り方は基本的に野菜を適当な大きさにカットし、水を適量追加してミキサーで回すと作れます。生の野菜やフルーツは皮をむかずにそのまま使うと栄養価が高いですが、飲む前後40分間は食事をしないように心がけることが大事です。しかし、野菜の中でも豆類とでんぷんを含むとお腹にガスがたまり、牛乳やヨーグルトは栄養が吸収されにくくて逆効果になります。グリーンスムージーは冷やさなくてもおいしく飲める野菜やフルーツを入れるとビタミンが豊富で代謝を上げることが可能で、冷え性でも気にせずに飲みやすいです。りんごやチンゲンサイ、クレソン、生姜を入れると効果を出せ、理想の体形や美肌を保てるようになります。

 

グリーンスムージーという名前をよく聞くようになりましたが、飲んだことはありますか?普段の食事で1日の摂取量の目安とされている野菜350gを食べるのはなかなか難しいもの。グリーンスムージーなら種類によってはグラス一杯で野菜350gがお手軽にとれてしまいます。お手軽に野菜が摂れるグリーンスムージー。自分で手作りする事も出来ますが、まずジューサーを用意することから始めなければなりません。また、数種類の野菜や果物を用意するのは結構大変です。そこで簡単・お手軽に始められるのが『ナチュラルローソンのグリーンスムージー』です。ナチュラルローソンのグリーンスムージーは、容量やタイプ別に豊富にラインナップされています。自分のライフスタイルに合わせて好みのものを選べるのが嬉しいポイント。気になる『味』ですが、スムージーには『野菜メインと果物メインの2種類』があります。特に試して貰いたいのが『野菜メイン』のタイプです。野菜や果物のバランスを変えたものが3種類。1つ目にご紹介するのは「NL グリーンスムージー 200g」は1食分の野菜が手軽に取れるドリンク。桃の風味が豊かでこの味で118gも野菜が摂れるのはすごいって思えるはずです。また、こちらのタイプはサイズの大きな400mlと800mlのものがあるので、1日に何度か飲んだり、家族で飲むこともできますね。2つ目は「NL グリーンスムージーOff&Plus 200g」こちらは1食分の食物繊維が摂れるドリンク。しかもカロリーオフなので、ダイエットをしている方には特におススメです。3つ目にご紹介するのは「NL グリーンスムージーOne Day 200g」こちらはなんと1日分の野菜350gが摂れてしまうドリンク。ご紹介した3つの中で一番濃厚で、朝ごはん代わりにも試してほしい飲みごたえです。すべて人工甘味料・着色料・増粘剤不使用なので、身体に優しい味わい。野菜メインといっても青くささは全くなく飲みやすくて、野菜や果物の果肉感もあり、満足感があるはずです。健康ライフに一役買ってくれそうなグリーンスムージー。夏の水分補給にもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました