ケトン体(ケトジェニック)ダイエットで体重が停滞! 痩せない原因とは

ケトジェニックダイエットを始めて、まもなく3週間になりますが

最近、全然体重に変化がありません。

体重が停滞してしまう理由について調べてみました。

 

 

ケトン体(ケトジェニック)ダイエット体重が停滞! 痩せない原因

痩せない原因:知らず知らずに糖質を取っている

糖質はどこにでも潜んでいます。

「炭水化物と糖を食べなきゃいい」

というところまでは理解している人が多いのですが、

  • ソースの中に含まれる砂糖、水飴、果糖ブドウ糖液糖。
  • ソーセージやハンバーグの中の小麦粉
  • 豆類に含まれる炭水化物
  • いろはすの中に含まれる砂糖
  • リンゴ、バナナなどに果物に含まれる果糖

など、ヘルシーと言われている食べ物や、問題なさそうな調味料にも潜んでいます。

 

スーパーで売っている食品ならば、成分表示を見れば糖質が多いものは避けられますが、

弁当や外食などでは料理の中に糖質が入っているか分かりません。

怪しいものは徹底して避けるようにしましょう。

 

痩せない原因:ココナッツオイル(MCTオイル)の摂取量が少ない

ケトン体ダイエットの一人者、白澤先生によると一日100ml取るのが望ましいと言っています。

ですが、実際100mlというのは非常に多いです。

ジュースのようにゴグゴクと飲めるようなものでは無いので非常にきついですよね。

 

ですので、一気にまとめて摂取するのではなく、料理やコーヒーに混ぜて回数を多くして取るようにしている人が多いようです。

ちなみにココナッツオイル愛用者のミランダ・カーさんは一日スプーン4杯摂取し、料理にも混ぜる形で一日100mlを取っているようです。

 

どうしてもココナッツオイルで下痢をしてしまう場合の対策は

私もそうでしたが、飲み始めのころは少しの量でも下痢すると思っていたほうが良いです。

同じ量を取ったら、たぶんオリーブオイルやごま油よりも下痢になりやすいですね。

 

ですので、ココナッツオイルを飲み始めるときは一度に摂取するのではなく、

いつもの食事にちょっと混ぜるくらい(ココナッツオイルの味が分からないくらい)が良いと思います。

下痢しなくなってきたら、量を増やしていくのが良いでしょう。

 

なお、どうしても下痢をする場合は納豆とともに食べると下痢しにくくなるようです。

納豆に含まれる成分が下痢を防いでくれるようです。

 

痩せない原因:摂取カロリーが多すぎる

徹底して糖質を避けている人でも意外に多いパターンがこちらです。

ケトジェニックダイエットでは基本的に糖質以外は食べてよいため、肉、脂質が多くなりがちです。

 

肉が好きな人は、脂質が多くなりやすく、結果的に総摂取カロリーが多くなります。

(そのうえ、焼肉のタレなんて付けたら最恐ですね)

 

カロリーが多すぎると食事だけのカロリーだけで事足りてしまうため、体が脂肪を燃焼させようとしないのです。

 

例えるならば、「生活費だけで精一杯なので、借金の返済に回すお金がない」状態です。

ケトジェニックダイエットは基本的に糖質以外ならOKですが、カロリーも計算するようにしましょう。

カロリーは脂質が一番多いので、脂質を控えめにしましょう。

肉を油で炒めるのを止めて、茹でたり、蒸したりするのも良いですね。

 

まとめ

ケトジェニックダイエットで体重が停滞、痩せない原因は

  • 知らず知らずのうちに糖質を取っている
  • 総摂取カロリーが多い

のどちらか。

総摂取カロリーが多い場合は、脂質を減らしてみよう。

 

 

 

 

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です