リバウンドしない方法

リバウンドを防ぐ為には、長期的にダイエットを続けていく必要があります。短期的というより、むしろ長く続ける方が大切なのです。
そもそも体重などは、比較的短い期間で減らす事はできます。痩せる為には、食事が制限される事もあるでしょう。
食事制限という方法は、短期間で体重を減らしたい時には、確かに有効なのです。しかしリバウンドのリスクもありますから、注意を要します。
例えば食事制限を1ヶ月ほど続けた結果、体重が5キロほど痩せたとします。食事を極端に制限すれば、それぐらい体重を減らす事は可能なのです。
ですが、そのような短期的なダイエットでは、リバウンドになってしまう事も多いです。1ヶ月頑張って数kgほど痩せたので、気持ちが緩んでしまい、ダイエット前の食事に戻してしまう方々はとても多いです。
それよりも、むしろ長期的なダイエットです。例えば1年間かけて、ダイエットに励んでみたとします。1日3回の食事を、2回程度に減らすだけでも、だいぶ痩せられる傾向はあります。
食事回数を減らす方法を1年間ほど継続していると、リバウンドになる確率は低くなる傾向があります。1年間ほどそれを続けていれば、1日2食の生活スタイルも、自然と定着しているものです。一旦定着した以上、簡単には元通りの生活スタイルには戻りません。短期的にダイエットに励むというより、長期的に続けてみると良いでしょう。
それと、停滞期も要注意です。そもそもダイエットは、しばらく続ける必要はあります。しかしそれを続けていると、いつか体重や脂肪率が減る度合いが遅くなってしまう時期があるのです。
ダイエットを始めたばかりの時期は、比較的痩せやすい傾向があります。しかし減量を始めてから数ヶ月ほど経過すると、体重も減りづらくなってしまうのです。いわゆる停滞期になっているからです。
停滞期になると、「これ以上頑張っても、体重や体脂肪率が減る事は無い」と思い込んでしまい、ダイエット前の食生活に戻してしまう方々も少なくありません。しかし、それはリバウンドの原因になるのです。
すなわち「いかにして停滞期を乗り越えるか」は、リバウンド対策の要になります。停滞期にさしかかったとしても、いつか成果が出ることを信じて、ダイエットを続ける必要があります。
それと運動です。そもそも運動しなくても、実は痩せる事はできます。上述の食事制限という方法だけでも、体重を減らす事自体は可能なのです。
しかしリバウンドを考慮すれば、やはり運動する方が望ましいです。全く運動しないでダイエットに励むよりも、むしろ運動を併用する方が、痩せやすくなる傾向があります。
すでにダイエットに関する研究も行われていますが、運動を併用する減量方法の方が、リバウンドしづらいというデータもあるのです。ですからリバウンドを避けたいなら、運動もする必要があります。
結局は、長期的にダイエットを続けるのが望ましく、運動も併用するべきなのです。それを心がけていれば、リバウンドしづらくなる傾向があります。

ダイエットをしてもまたリバウンドをしてしまう。
我慢すると体に悪いしどのようにしたら良いのか?
そんな悩みがある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はリバウンドしない方法をご紹介します!

・栄養を満遍なく摂取する。

特定の食品だけ食べてしまうと、栄養が偏ってしまいます。
栄養が偏ると体調も崩しやすくなりますし、せっかくダイエットしてもまたリバウンドしてしまう体質になってしまうのです。
そのため普段から野菜を中心に摂取をし、栄養を満遍なく体に取り入れましょう。

・ジュースやアルコールは避ける。

せっかく栄養を取り入れても、缶コーヒーやジュースを飲んだり、ビールを飲むことでカロリーを超過してしまいますし、栄養バランスが崩れてしまいます。
ジュースや缶コーヒーなどには大量の糖分が含まれており、これらはすぐに体内へ吸収されてしまいます。
そのため血糖値が急上昇して、脂肪を溜め込みやすくなるため、リバウンドしてしまうのです。

またアルコールを飲むと質の高い睡眠を取り入れにくくなるため、睡眠中に分泌されるやせるための必要なホルモンを体に取り入れれなくなります。

そのため、水分補給には水かお茶など糖分のないものを選び、積極的に痩せホルモンを分泌しましょう。

・無駄な間食をしない

ダイエット中はどうしても、お腹がすきやすくなります。
そのため間食をしやすくなります。
間食をすると、抑えがきかなくなり、必要以上に間食を取りすぎてしまうことがあります。
そうすると、1日3食のところで厳しい食事制限をしていても、間食でカロリーを摂りすぎてしまい、せっかくの努力がムダになってしまいます。

ダイエット中には基本的に間食をとらないようにすることが大切で、そうすることでリバウンドしにくくなります。

・食事を記録する。

食事を記録することによって、自分がどれだけ食べたかがわかります。
何時に、どのような食品を、どれくらい食べたのかについて、1日3食だけでなく間食や水分補給についても記録していきます。
そうすることで、これ以上食べたらリバウンドしてしまうという値が目に見えてわかるので、リバウンドを回避できます。
最近では食事内容を記録できるアプリなども増えてきましたので、アプリで管理するのもオススメです。
記録を振り返りながら、栄養バランスや摂取したカロリーについてチェックして、食事制限をし、リバウンドをしないようにしましょう。

・質の高い睡眠をとる。

睡眠というのは実はダイエットにとても密接に関係しています。
質の高い睡眠をとることで、ダイエット効果があり、リバウンドしにくい体質へと体を変化させることができます。
枕をオーダーメイドするなど一工夫をして、夜は心地良い睡眠を心がけましょう。

以上がリバウンドを回避するためにすぐにできることです。

明日からでもぜひ取り入れてみてリバウンドしない体質を手に入れましょう。
しかしくれぐれも無理のない範囲で行うようにしましょう。