ダイエットに成功する秘訣とは

リバウンドを防ぐ為には、長期的にダイエットを続けていく必要があります。短期的というより、むしろ長く続ける方が大切なのです。
そもそも体重などは、比較的短い期間で減らす事はできます。痩せる為には、食事が制限される事もあるでしょう。
食事制限という方法は、短期間で体重を減らしたい時には、確かに有効なのです。しかしリバウンドのリスクもありますから、注意を要します。
例えば食事制限を1ヶ月ほど続けた結果、体重が5キロほど痩せたとします。食事を極端に制限すれば、それぐらい体重を減らす事は可能なのです。
ですが、そのような短期的なダイエットでは、リバウンドになってしまう事も多いです。1ヶ月頑張って数kgほど痩せたので、気持ちが緩んでしまい、ダイエット前の食事に戻してしまう方々はとても多いです。
それよりも、むしろ長期的なダイエットです。例えば1年間かけて、ダイエットに励んでみたとします。1日3回の食事を、2回程度に減らすだけでも、だいぶ痩せられる傾向はあります。
食事回数を減らす方法を1年間ほど継続していると、リバウンドになる確率は低くなる傾向があります。1年間ほどそれを続けていれば、1日2食の生活スタイルも、自然と定着しているものです。一旦定着した以上、簡単には元通りの生活スタイルには戻りません。短期的にダイエットに励むというより、長期的に続けてみると良いでしょう。
それと、停滞期も要注意です。そもそもダイエットは、しばらく続ける必要はあります。しかしそれを続けていると、いつか体重や脂肪率が減る度合いが遅くなってしまう時期があるのです。
ダイエットを始めたばかりの時期は、比較的痩せやすい傾向があります。しかし減量を始めてから数ヶ月ほど経過すると、体重も減りづらくなってしまうのです。いわゆる停滞期になっているからです。
停滞期になると、「これ以上頑張っても、体重や体脂肪率が減る事は無い」と思い込んでしまい、ダイエット前の食生活に戻してしまう方々も少なくありません。しかし、それはリバウンドの原因になるのです。
すなわち「いかにして停滞期を乗り越えるか」は、リバウンド対策の要になります。停滞期にさしかかったとしても、いつか成果が出ることを信じて、ダイエットを続ける必要があります。
それと運動です。そもそも運動しなくても、実は痩せる事はできます。上述の食事制限という方法だけでも、体重を減らす事自体は可能なのです。
しかしリバウンドを考慮すれば、やはり運動する方が望ましいです。全く運動しないでダイエットに励むよりも、むしろ運動を併用する方が、痩せやすくなる傾向があります。
すでにダイエットに関する研究も行われていますが、運動を併用する減量方法の方が、リバウンドしづらいというデータもあるのです。ですからリバウンドを避けたいなら、運動もする必要があります。
結局は、長期的にダイエットを続けるのが望ましく、運動も併用するべきなのです。それを心がけていれば、リバウンドしづらくなる傾向があります。