タンパク質の多い食べ物とは

ダイエットにタンパク質は不可欠

ダイエットにタンパク質は欠かせない栄養素です。ではなぜ欠かせないのでしょうか?それはタンパク質は筋肉といった体を作る元になる栄養素だからに他なりません。ダイエットにはたくさんの種類がありますが、たんぱく質の摂取量が落ちてしまうダイエットをすると、自然と体の筋肉量も減ってしまいます。筋肉は何もしなくても多くのエネルギーを消費していて、一般的に基礎代謝量の約20%を消費しています。筋肉量が減ってしまうとこの基礎代謝量が減ってしまうので、痩せにくい体になってしまいます。ダイエットをしているのに痩せないという方のほとんどは筋肉が落ちてしまっています。

タンパク質は体のすべての元

さらに言えば、タンパク質は筋肉だけではなく、髪、爪、肌など体のあらゆる部分を構成している栄養素です。タンパク質が不足したダイエットを行うと、体重は減少するかもしれませんが、髪のツヤが失われたり、肌のハリが無くなったりしてしまいます。どうせならば、健康的にダイエットしたいですよね。そのためにはタンパク質の豊富な食事をすることは欠かせないんです。

タンパク質の摂取目安

タンパク質は一般的には体重1kgに対して1gの摂取が推奨されています。体重50kgの人ならば50gのタンパク質を日常の食事で食べる必要があります。ですがここで勘違いしてはならないのが、例えば100gの鶏むね肉を食べても100gタンパク質を摂取できるわけではないということです。100gの鶏むね肉の中には、タンパク質の他に水分や脂肪など様々な栄養素が入っています。100gの鶏むね肉だと約20gタンパク質が含まれていて、様々な食べ物の正確なタンパク質量を知っていないと、沢山食べたからと言ってタンパク質も沢山食べていることにはならないということになります。特にダイエット中となると食事のカロリーも抑えたいですし、高タンパク低脂肪の食品を選んで食べる必要が出てきます。

タンパク質の多い食べ物の選び方

そこでタンパク質が多い食べ物を見ていきましょう。ここではタンパク質がただ多いというだけではなく、日常生活に取り入れやすい食べ物を挙げていきます。例えタンパク質含有量が多くても、スーパーで売っていなかったり、食べにくい食品なら意味がありません。例えば、乾燥フカヒレなどは100g中に約83gもタンパク質が含まれていますが、カッチカチですのでそのまま食べることはできませんし、とても高価でもあります。誰でも手軽に購入できて、なおかつ調理しやすい、低脂肪で高タンパクな食べ物を考えていきましょう(カッコ内は100g当たりのタンパク質含有量になります)。

肉類
まず挙げられるの肉類です。肉類には豊富にタンパク質が含まれています。肉類も牛肉、豚肉、鶏肉とありますが、基本的には脂肪分の少ない肉を選びましょう。牛肉ならば赤身肉(約20g)、豚肉ならばヒレ肉(約21g)、鶏肉ならばささみ(約23g)か皮なしの鶏むね肉(22g)です。

魚類
魚類も豊富にタンパク質を含んでいます。魚介類も脂肪分の少ない魚を選ぶようにしましょう。タラ(約17g)、タイ(約20g)、鮭(約22g)ならば一年中スーパーで買うことができます。マグロの赤身(26g)も良いですが少し値段が張ります。


卵は栄養素で考えると完璧な食品です。しかも卵は1個につき約7gタンパク質が含まれているので積極的に食べましょう。

大豆食品
大豆食品にも豊富にタンパク質が含まれています。豆腐(約5g)、納豆(約17g)、おから(約6g)が低脂肪で使いやすいです。

乳製品
乳製品もタンパク質豊富な食品群ですが、特にチーズ(約29g)や牛乳(約3g)を積極的に摂取しましょう。ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラルも補給することができます。ただし乳製品は製品によってタンパク質含有量に差があるので、表記を確認することが必要になってきます。

ダイエット中こそタンパク質を

どうせダイエットするならば健康的に痩せていきたいですよね。タンパク質は健康的に痩せていくには欠かせない栄養素です。日々の食事に取り入れやすい、タンパク質を多く含む食品を上手に使って、健康的で美しい体を目指しましょう。