関連記事

ダイエットに最適な食事の時間っていつ?

ダイエットを成功させる為には、食事する時間も考慮する必要があります。食事を抜くのは望ましくない時間帯もあれば、食事するのを控えるべき時間もあるのです。
ところで多くの方々は、よく「眠る前に食べるのは、太る」というフレーズを耳にしています。それは、実際正しいのです。昼間の時間帯と比べると、栄養分が吸収されやすいからです。
もちろん食事を摂取すれば、お腹の中で消化されます。その際に栄養分を吸収する度合いは、夜の方が活発なのです。エネルギーや栄養分の蓄積の都合上、夜は栄養分が多く吸収されてしまう傾向があります。
逆に、昼間の時間帯に食事を摂取した場合は、夜間ほど多くの栄養分は吸収されないのです。ですからダイエットを成功させる為には、やはり夜食などを控えるのが望ましいでしょう。夜に食べるというより、昼間に食事を摂るのがおすすめです。
ただし仕事などの都合により、食べる時間帯は夜付近にならざるを得ない方々もいるでしょう。その場合でも、21時前という時間帯を意識しておく必要があります。21時以降に食べますと、肥満になってしまう確率が高まるからです。
ところで食事と言えば、朝食を抜いてしまっている方々も、しばしば見かけます。ダイエットを成功させたいなら、それも控えるべきなのです。それにも複数の理由があります。
朝食を抜いた状態で、昼食を食べますと、体内にあるインスリンというホルモンが多く分泌されるのです。血糖値を調整する働きがあるので、インスリン自体は非常に重要な役割を果たしています。
ただ問題は、そのインスリンが分泌される量です。それが分泌されるにしても、適量ならば問題ありません。過剰に分泌されるのは、問題なのです。それが大量に分泌されてしまうと、体の中で多くの脂肪分が作られやすくなるからです。
それと体温低下です。朝食を食べないと、総じて体温も低くなってしまう傾向があります。それは新陳代謝に悪影響を及ぼしてしまうのです。
そもそもダイエットが成功するか否かも、新陳代謝に左右される傾向があります。代謝が活発な方が、痩せやすいのです。
ところが体温が低くなってしまうと、代謝は不活発になり、痩せづらくなってしまいます。つまり「朝食抜き」という状態が、代謝を不活発にしてしまう訳です。ですからダイエットを成功させたいなら、やはり朝という時間帯には、しっかり食べておく必要があります。
それと時間帯の規則正しさも、1つのポイントになります。食事を摂るにしても、できるだけ時間帯を固定するのが望ましいのです。
例えば昼食の時間帯が日々変動するのは、望ましくありません。ある日は11時に食べたものの、別の日には14時に食事を摂取するのは、時間帯が不規則です。
食べる時間帯が不規則な方々は、規則正しい食事を心がけている方々と比べると、肥満になる確率は6倍以上であると言われています。それを考慮すれば、やはり規則正しい食事時間を心がけるべきなのです。