関連記事

下っ腹が出る原因とは?

ダイエットしたい部位の上位と言えば、ぽっこりな下っ腹。

下っ腹が出る原因とは

筋肉が弱い

下っ腹が出てしまう原因は、複数あります。筋肉も、その原因の1つです。
もともとお腹には、脂肪分が存在するのです。ただお腹に脂肪があっても、十分に筋肉があれば、下っ腹が出てしまう事はありません。脂肪が下っ腹にまで行かないよう、筋肉が食い止めているイメージになります。
ところが人によっては、お腹周りの筋肉が少なめなのです。筋肉が不足している状態ですと、脂肪分が下っ腹に行ってしまうのを食い止める事はできません。それでお腹が出てしまう場合があります。したがって出てきたお腹が気になる時には、筋トレなども心がける必要があります。

ちなみにお腹の脂肪分に関わる筋肉は、全部で4種類あります。腹直筋と腹横金と外腹斜筋と内腹斜筋です。それらの筋肉を意識的にトレーニングするよう心がけると、お腹も出づらくなる傾向があります。

骨盤が歪んでいる

それと骨盤も、下っ腹に関わっているのです。人によっては、骨盤の状態が微妙な事もあります。中には、骨盤に歪みが生じている方も見られます。
下っ腹にある脂肪分は、骨盤の状態が正常なら、あまり出てくる事もありません。しかし何らかの原因で骨盤が歪んでいますと、お腹が出てしまう傾向があります。ですからお腹が少々気になり、骨盤に心当たりがあるなら、歪みを矯正するのが望ましいでしょう。

胃下垂

それと胃下垂ですと、下っ腹が出てしまう場合があります。特に痩せ型の方々は、その傾向が顕著です。

暴飲暴食を繰り返していたり、ストレスが溜まりがちな方々は、胃下垂になってしまう傾向があります。それで胃の状態が微妙になると、下っ腹が出てしまう事も多いのです。
またお腹の中に老廃物などが溜まっている時にも、下っ腹が出てしまう傾向があります。お通じなどは要注意なのです。
身の回りを観察してみると、たまに便秘がちな方々を見かけるでしょう。お腹の中に宿便が溜まっている方も、たまに見かけます。人によっては、それで腹痛を訴えている事もあるのです。

便秘になってしまう理由も、複数あります。ストレスが多い方々や、水分が不足しがちですと、総じて便秘になりがちです。ですから便秘に心当たりがあるなら、お通じを改善する必要があります。

内臓に腫瘍

また事例は少ないですが、クッシング症候群が原因というパターンもあります。脳に関する症状の1つなのです。

人によっては、脳に腫瘍ができている事もあります。脳下垂体に腫瘍ができてしまいますと、信号に関する問題点が生じてしまうのです。
そもそも脳からは、体の色々な箇所に対して信号が発せられています。しかし脳に腫瘍ができてしまうと、その信号が正常に伝わらなくなってしまいます。
それは体の随所に悪影響を及ぼしてしまうのですが、下っ腹も例外ではありません。手足は細くなっているにもかかわらず、下っ腹は出てくるような状態ですと、クッシング症候群が疑われるのです。

まとめ

このように下っ腹が出てしまう原因は、色々あります。全般的な傾向を見る限り、お腹周りの筋肉やお通じに原因が潜んでいる事が多いです。