関連記事

ダイエットの秘訣、長続きさせる方法、コツ

私もダイエットも痩せたり、リバウンドしたりを繰り返しましたが、今では痩せた状態を維持できています。

試行錯誤で掴んでダイエットの秘訣、長続きさせるためのコツをまとめました。

ダイエットの秘訣、長続きさせるためのコツ

毎日体重計に乗る

一日2回以上が理想です。

とにかく、どういうときに体重が減って、どういうときに増えるのかを知ることが大事です。

カロリー制限する、糖質制限のどちらかは必ず行う

色んなダイエット方法がありますが、そのダイエット方法と合わせて、必ずカロリー制限もしくは糖質制限をしましょう。

  • 麺類、ごはんなど色んな種類を食べたい人はカロリー制限
  • 甘いものは別に要らない人は糖質制限

を行うのが良いでしょう。

最初から、思い切った変更をしない

いきなり思い切ったことをしないようにしましょう。

運動であれば、

  • 帰りで一駅歩いてみる
  • 土日だけ運動する

と言った感じで軽めで、出来そうなことから始めます。

慣れてきたら、距離を延ばすとか、スピードを上げてみるなどして少しずつ負荷を高めていきましょう。

最初のうちは「続ける」ことを目標にしましょう。

続けるためには簡単なことから始めるのが一番です。

食事であれば、

  • 食後のデザートをカロリーの低いものに変える
  • ジュースを飲んでいるなら、お茶に替える

などが良いでしょう。

いきなり、キャベツ山盛り食べるとか、糖質を一切カットするのは辞めましょう。

自分を責めない。

ダイエットは精神論ではなく、方法論です。

続けられないのは、あなたが悪いのではなく、方法があっていなかっただけです。

これ以上、自分をいじめるのは辞めましょう。

続けられない、ストレスが溜まる原因を理解する

続けられない、ストレスが溜まってしまったら、原因を探りましょう。

たとえば、「早朝のランニングが続けられない」のであれば、

  • 距離を短くしてみる
  • ランニングする時間帯(朝ではなく夜、あるいは土日)を変えてみる
  • ランニングではなく、水泳にしてみる
  • ランニングしない代わりに、食後のデザートを減らす

など、色々な代替手段があります。

方法は一つだけではありません。続けられないことで自分を責めないで下さい。

ご褒美を用意しておく

例えば、あえて小さいサイズの洋服を先に買っておく手段があります。お金に関する強い意識が働くので、ダイエットが続きやすくなるからです。

もしもダイエットに失敗してしまえば、せっかく買った洋服を着用できません。お金が無駄になってしまうのです。ですから先に洋服を買っておけば、ダイエットは成功しやすくなるでしょう。工夫次第なのです。

出来るだけ数字やサイズを記録しておく

出来るだけ、数字やサイズを記録しておくのが良いです。体重と体脂肪、お腹周りのサイズを測っておくのが良いでしょう。

ダイエットが長続きしない理由の1つは、実感しづらいからです。ある時にダイエットを始めて、1週間ほど経過したとします。

何となく痩せた感覚はあるものの、具体的に何キロほど減ったかは、不明確な状況です。「不明確」ですと、果たして痩せたかどうかも分かりませんから、ダイエットが続かなくなってしまう可能性があります。

しかし数字を記録しておけば、話は少々変わってきます。1週間減量を頑張ってみた結果、5キロほど痩せたと実感できれば、ダイエットを続けられる事も多いのです。

また、体重が停滞しているように見えても、実は体脂肪が減ったり、お腹周りが小さくなったりすることがあるので、モチベーションを維持し続けることが出来ます。

ですから減量に関する数字は、できるだけ記録しておく方が良いでしょう。
それと無理なダイエットは禁物です。食事を制限するにしても、あまり過酷なのは望ましくありません。

まとめ

ダイエットを長続きするためには、工夫しながら行うことが必要です。ダイエットは長続きすると高い確率で痩せることが可能です。

ゆっくり痩せていけば体の負担も少なく、体調を崩さずにうまく減量することが出来て、健康的に痩せることが可能です。ダイエットを長く続けること自体は難しくないので、難しく考える必要はないです。