関連記事

ダイエット中に酒って飲んでいいの?ダイエット中にお酒が飲みたくなってしまったときは

ダイエット中って酒って飲んでいいの

結論から言うと、ダイエット中に酒を飲むのはよくありません。

その理由は二つあります。でも、お酒を飲みたくなるときもありますよね。

そんなときの裏技も紹介しちゃいます。

ダイエット中に酒って飲んでいいの?

お酒には食欲増進作用がある

まず1つ目ですが、お酒に含まれるアルコールには食欲増進があります。

要するに普段よりも沢山食べたくなってしまうのです。

余計に食べるほどカロリーが増えてしまい太ってしまいますので、ダイエット中は食欲抑えるためにもお酒は飲まないのが鉄則です

お酒にはカロリーがある

お酒にはアルコールが含まれます、そのカロリーは1ミリリットルあたり7キロカロリーと言われています。

おおよその計算ですがビール500ml缶1個とおにぎりのカロリーが同じです。

なお飲み会ではビールはガンガン飲んでしまいますのでその分おにぎりを食べているのと一緒です。

おにぎりよりもビールの方がたくさん取りやすいため、基本的にカロリーを取りすぎてしまいます。

アルコールの分解が優先されるため、食事のカロリーがそのまま吸収されてしまう

お酒を飲むと、まず肝臓ではアルコールの分解が優先されます。

同時に食べた食事のカロリーの分解が後回しになってしまいますので、そのまま太ってしまいます。

ダイエット中にお酒が飲みたくなった場合は

なお、どうしてもお酒が飲みたいときは糖質ゼロのお酒ではなくアルコールゼロの酒を飲むようにしましょう。

先程も言った通り糖質よりもアルコールの方がカロリーが高いため糖質ゼロのお酒を飲んでも、アルコール度数が高ければそんなに痩せません。

ですので糖質ゼロよりは、アルコールゼロの飲料がお勧めです。(なお糖質ゼロでアルコールゼロのお酒が一番のベストです。)

また、どうしてもお酒が飲みたいときは、できるだけ他に油や糖質を取らないようにするのが良いです。もちろん冷やしトマトや枝豆、サラダなど野菜が良いです。

肉を食べたい場合は、焼き鳥などがお勧めです。または焼き魚などの、いわゆる和食的なものも良いです。

ステーキ唐揚げの油が多いものだとダイレクトにカロリーを摂取してしまいますので、揚げ物よりは煮物や焼き物もしくはしゃぶしゃぶといったゆでた物がお勧めです。

まとめ

  • ダイエット中は、お酒を控える
    • お酒には食欲増進作用がある
    • お酒のカロリーは高く、また飲みやすいため、どんどんカロリーを取ってしまうため
  • どうしてもお酒を飲みたいときは
    • 糖質ゼロより、アルコールゼロ
    • 他には油や糖質を取らないようにする
    • 野菜か、焼き鳥、焼き魚などにし、揚げ物は避ける