関連記事

女性に多いダイエットの勘違いとは?

ダイエットで多い勘違い。ダイエットで多い勘違いについて話します。

ダイエットで多い勘違い

まず健康な食材を食べれば痩せるという勘違いです。

バナナや野菜ジュースなど健康に良さそうな食べ物が世の中にはたくさんあります。ですがそれらを何も考えずに摂取していても痩せることはできません。

確かにバナナや野菜ジュースなどには、豊富なビタミンが含まれています。ですが、ダイエットに必要なのはビタミンではなく、カロリー計算です。

いかに低いカロリーにするかがダイエットに成功するコツです。

ですのでカロリーを無視して、野菜ジュースをとっていても確かに肌は綺麗になるでしょうが、痩せることはできません。

ヘルシーな食べ物で逆に太る

特に野菜ジュースやバナナなどの果物には、糖質が沢山含まれているので、余計な糖質をとってしまうことが多いのです。

その結果、痩せずにリバウンドしてしまうことが多いのです。

ですのでダイエットをする時はまずカロリーを気にしましょう。逆にカロリーさえ気にすれば何を食べても基本的には痩せます。

大切なカロリー計算

いくら栄養が偏っていても基本的にはカロリーが低ければ痩せます。

肉ばかり食べていても米ばかり食べていても野菜ばかり食べていても痩せます。

痩せるために大切なのはカロリー計算です。

逆に痩せるためにはカロリー計算が必要なのですが、ビタミンCなどのビタミンが不足してしまうことがよくあります。

ですのでダイエット中はサプリメントを使うなどしてうまくバランスをとるようにしましょう。

サプリメントにも複数種類ありますが基本的にビタミンB1とビタミンCが入っているではまず問題ないと思います。

市販の大抵のサプリメントにはこれらの2つが含まれているので基本的にどれでも良いです。

まとめ

  • ヘルシーに見えるものを食べれば痩せるわけでは無い。
  • 大切なのはカロリー計算
  • 栄養不足にならないためにもサプリメントを取ろう