ルカクの筋肉がスゴイ。でも、もっと凄いサッカー選手もいた

日本の次戦であたるベルギー代表のエース、ロメル・ルカク選手(マンチェスターユナイテッド FW)の筋肉がスゴイ。

 

 

ルカクの筋肉がスゴイ。

ルカク選手といえば父、兄弟、いとことサッカー選手という一家に生まれてサッカーのエリート街道を歩んできました。

そして、そのルカク選手ですが実はスゴイのが筋肉なのです。

引用:https://www.fangol.pl/view/64701/tak-zmienil-sie-gareth-bale

190cm、93kg。

サッカー選手とはいえば、上半身は細いイメージがありますが見事な三角筋と上腕二頭筋ですね。

大胸筋も良い感じですね。

ただ、腹筋は割れていないので体脂肪率は15%程度でしょうか?

サッカー選手が腕や肩のトレーニングをして、三角筋と上腕二頭筋を鍛える必要があるのか分かりませんが、非常にバランスが取れていますね。

 

でも、もっと凄いサッカー選手もいた

でも、うえには上がいるんですね。

写真の黒人男性はイングランドのリーグ2(リーグ4部)に属するAFCウィンブルドン所属、ロンドンのイズリングトン出身、34歳のFWアデバヨ・アキンフェンワ。

 

https://rmcsport.bfmtv.com/football/footballeur-plus-lourd-monde-signe-a-wimbledon-623319.html

 

もはや、プロレスラーですね。

写真の感じですと、サイドレイズをしている様子です。(サイドレイズは三角筋を鍛えるトレーニングです。二度目ですが、サッカー選手が肩を鍛える必要はあるのでしょうか?)

身長は約180センチ、体重は約100キロの巨漢と、ルカク選手より小さいながらも体重では上回っています。

ただ、某サッカーゲームで足が2番目に遅く設定されてしまったくらいに足が遅いようです。

筋肉をつけるのももほどほどにしましょう。

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です