細い筋肉、太い筋肉の違い

最近、会社で筋トレキャラとして定着しつつあります。

前から「存在感が薄い」と言われていたので、ありがたい?と思って前向きにとらえてます。

さて、先日「体を細いままで筋肉質にするには、どうしたらいいの?」と聞かれたので

答えをまとめました。

細い筋肉の作り方とは? 太くしない筋トレ方法とは

そもそも筋肉を大きくするには

  • 高重量
  • 短時間の刺激
  • 少なめの回数

というのが大事なんです。

(ですので、筋肉を大きくするのが目的なボディビルダーの練習時間は基本的に短いです)

ですから、今回の場合は細い筋肉にしたいわけですので、上の逆の

  • 低重量
  • 長時間の刺激
  • 多めの回数

で鍛えるのが良いです。

具体的には、

  • 20回くらい出来る重量
  • ゆっくりとした動作
  • 1分程度のインターバルを入れて40回くらい

でトレーニングするのが良いでしょう。

ただ、あまりに軽くすると意味がありませんので、

「ちょっと重い荷物を持つくらい」程度の負荷を掛けるようにしましょうね。

さらに筋肉を細くするには

マラソンなどの有酸素運動を長時間行うと、コルチゾールという筋肉を分解する働きを持つ酵素が分泌されます。

ですので、細い筋肉を作るためには有酸素運動も効果的です。

具体的には30分以上で、かつランニングなどの早めのスピードで行うのが良いです。

(ウォーキングのような軽めの運動ですと、コルチゾールが分泌されにくいです)

まとめ

細い筋肉を作るには

  • 短時間
  • 低重量
  • 少ない回数

で行うが良い。

また、30分以上の有酸素運動(ランニング)が効果的。