運動しても食事制限しても痩せない理由とは

ダイエットといえば食事制限が重要なポイントですが、運動しても食事制限ををしても痩せない場合があります。

 

運動しても食事制限しても痩せない理由

主な理由を上げてみました。

水分を含みやすい食べ物を摂取している

食べ物によっては水を含みやすい物があります。

脂肪ではなく、水のせいで実際よりも体重が増えてしまっているのです。

具体的には以下の原因が考えられます。

 

非水溶性食物繊維を取っている

オールブランなどの非水溶性食物繊維を食べて、さらに水を多めに飲むと、腸や胃の中の食物繊維が水を吸収してあっという間に2キロくらい増えます。

食事制限始めたのに体重が減らない人は大抵、このケースです。

野菜中心にするのは良いのですが、野菜の非水溶性食物繊維が水分を吸収するため体重が減らないのです。

ただ、間違ったことをしているわけではないので継続していきましょう。

(関連記事:オールブランのカロリーは? 食物繊維って不溶性?水溶性? オールブランでリバウンド、便秘になってしまうケースとは

 

糖質中心の食事になっている

炭水化物(糖質)も水分を吸収しやすいです。うどんやラーメンを食べた後で体重が増える現象はこのせいです。

ちなみに糖質制限ダイエットを始めると最初に3kg程度痩せてから停滞することが多いですが、実際には糖質と糖質が含む水分が抜けただけのことが多いです。

(関連記事:糖質制限で痩せない理由は?

 

塩分の取りすぎている

塩分は人間の生命維持に必要不可欠な栄養素ですが、大量にとると塩分の摂り過ぎで水分がうまく排泄されず、むくみの原因となってしまいます。。余分な水分が体に留まったままのため、そのぶん体重も増えてしまうことになります。

現代の日本人の食事だと基本的に塩分過多になりやすいので注意しましょう。

 

食事制限が足りていない

運動しても食事制限しても痩せない場合、基本的には上で述べた水分が原因ですが単純に食事制限が足りていない人もいます。

運動しても食事制限しても痩せない場合は運動の量を増やすより、食事の量を減らした方が痩せやすいです。

運動だけて痩せるのは実は非常に大変なことで、例えばおにぎり一つ(200kcal)を食べても、それを運動で消費しようと思うと1時間程度のウォーキングが必要になります。

ちょっとしたお菓子で200kcalは簡単に摂取できてしまうので、ついついカロリーをたくさん撮ってしまうのです。

食事の量が多い人の場合、少し減らしたくらいでは痩せませんので、どんどん減らす必要があります。

ただ、どんどん食事の量を減らすと

  • 常にお腹が空いてしまって辛い
  • 頭がフラフラする

といったことが起きます。

そこで大事なのか食欲のコントロールと栄養管理です。

詳細については関連記事で述べます。

(関連記事:ダイエットの長続きさせる秘訣、コツ。

食事制限で頭がフラフラする原因と対策

 

まとめ

  • 運動しても食事制限しても痩せない場合は水分で増えている
  • 食事制限が足りていない

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました