食欲のメカニズムについて

食欲は食事を求める欲求であり、空腹痔にわきおこるもののこととなります。食欲はあらゆる生物に存在します。体を維持するために必要なエネルギーを取り入れるのに役立つ本能です。消化器官と脳で食欲の程度はコントロールされています。食欲は体内時計に関わっているとも、食欲が正常を保てなくなったために摂食障害や肥満を引き起こしたということもあります。

食欲は喉の渇き、睡眠などとともに、個体保存に関わる一次的要求です。食欲を感じるのは脳の視床下部にあるとされており、栄養素の不足が直接的間接的に関係しています。味覚は食欲に影響を与える重要なファクターとして関わっているようです。同じような飢餓状態でも、味覚があるかどうかで違います。食欲が落ちる状況の一つとして、口を通さずチューブで胃袋に直接食事を入れていると、食欲を刺激しないようです。

食欲は、普段の習慣によっても形作られていると言われています。人は1日3回または2回の食事が一般的ですが、食欲はこの習慣に影響を受けます。食欲は、人間の行動に影響を与えるということも報告されています。満腹の時は満足感がもたらされますが、飢餓状態が激しくなると、攻撃的になったりうつ状態になったりするといわれています。食欲は、恐怖や不安なことがあると感じにくくなります。絶食を数日続けていると食欲は上昇していきますが、ある一時期を越えると食欲がすとんとなくなります。様々な要因が食欲には密接に繋がっていると言われています。

 

ダイエットなどのために食事を断っていると、食欲が高まって苦しくなることがあります。食べたいという気持ちを封殺しつづけると、気持ちが切れて過食に陥る場合もあります。お腹が空いてどうしようもなくなった時は、カップスープなどで腹ふさぎをするという方法もあります。出かける時にポタージュなど腹持ちのいいものを摂取して、思いつきで食べ物を買わないというやり方もいいでしょう。

グレープフルーツのアロマで食欲を緩和するというやり方を用いている方もいます。アロマポットにグレープフルーツのエッセンシャルオイルを入れて使います。高まる食欲をむりやり我慢しているとストレスがどんどん蓄積し、そのために太りやすくなるともいいます。脂肪になりにくいものを摂取することで、食欲を紛らわすというやり方もあります。少量の食事で満腹感を得るには、ご飯を食べる前に寒天やところてん、こんにゃくといったカロリーの低くボリュームのある食べ物を積極的に摂取するといいようです。

しっかり咀嚼して食べることも、少量で満腹できるポイントです。唾液の作用で食欲を減らす効果が期待できます。少量で満腹する方法としては、お茶や水などで食事前の水分摂取をするとダイエットにいいともいいます。食欲を駆り立てるような料理に関するテレビ番組や写真、食品スーパーの展示棚を避けたり味を薄くしたりもします。食欲を抑圧することによって生じるストレスを運動や趣味的なもので解消することで、食欲を我慢しても辛くない状態を作るという方法もあります。

 

金銭的な負担なくして、食欲対策をする方法はないものでしょうか。食欲を抑えるには、ダイエット食品を使う、サプリメントを服用する、耳ツボダイエットを行う、朝バナナなどを食べる、などいろいろな方法が挙げられます。いずれのやり方でも良い点も良くない点もあります。サプリメントやダイエット食品は金銭的負担が無視しえなくなるでしょう。耳ツボダイエットも、約4,000円を毎回払って施術を受けることは容易なことではなく、ダイエットのための特別予算枠が必要です。

毎朝バナナを食べるだけでダイエットになるという朝バナナダイエットは多くの人が取り組んでいたようですが、継続するにはバナナだけでは変化に乏しいようです。食べ物をたくさん噛んでから飲み込む習慣をつけることが、お金を使わずに食欲を抑えるいい方法です。しっかり咀嚼することで一基食いやドカ食いを防ぎ、長時間かけて食事をすることで血糖値上昇による満腹感を引き出すわけです。

時間をかけての食事によって食事をしながら血糖値上昇も促進されるため、少ない食事で満腹になります。噛んで食べることは栄養成分を効率よく吸収する効果もありますので胃腸にも優しい食べ方ができます。歯みがきやガムもいいようです。青色は食欲を減退させる色ですので、食器、テーブルクロスなどを青色にすることも効果的です。血糖値が上がると食欲がなくなるということで、食事前に2、3粒キャンディーを食べるのもよいといわれています。食欲を感じないような状況を作るためには、日々の食事や食前行動に色々なアイディアを盛り込んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました