食生活の習慣改善

食事回数の影響
食事回数の影響
1日の食事回数2~6回の違いと肥満の関係を調べると、食事回数が少ない人ほど肥満度が高いという調査結果があります。習慣的に食事を抜く人は男女共に3食きちんと食べる人に比べて、皮下脂肪が厚くなっています。昼間は胃の働きも活発で、消化吸収率がよくエネルギーを燃焼しやすいです。朝食抜きは肥満に繋がることも確かなようです。自然のリズムに合わせた生活、規則正しく3食食べることで脂肪の燃焼もリズムに合わせて順調に行われるようになるでしょう。

また、遅い時間に大量に食べるほど、取ったエネルギーが体脂肪になる確率も高まっていきます。 夜間は腸管が活発でエネルギーが体脂肪として蓄積されやすく太りやすいタイミングです。タイミングのよい食べ方を身につけることで太らない体質になるのです。

ページのトップへ ▲

食生活の習慣
食生活の習慣
太りやすい人の多くは、食生活の習慣にも問題があります。下記のような習慣のある人は気をつけましょう。

まとめ食いや、どか食い
不規則な食事や食事抜き、あるいは夜遅い食事
パソコンや勉強などでの、ながら食い
気晴らし食い、やけ食い
運動不足
このような習慣のある人は、運動することでストレスを解消し、ストレスによる過食も減らしていきましょう。

また、太りづらい体質の人は、基礎代謝がよいためカロリーが消費されやすく、太りやすい人は消費されにくく、高カロリーを溜め込みやすい傾向にあります。

ページのトップへ ▲

痩せ体質習慣を身につける
普段の生活習慣から太りづらい痩せ体質習慣を身につけましょう。

温かい料理で体内を温めて代謝をアップさせるとカロリーを燃やしやすい体質になります。冷たいものばかり食べていると体の中から冷やし代謝が悪くなります。
食事は1日3食とるようにしましょう。食事は朝食たっぷり、夕食を控えめにします。朝は一日活動する前なのでカロリー消費がしやすいです。夜遅い時間にドカ食いするのは太る原因につながります。
一日の食事を記録する食事日記を始めましょう。栄養バランス、食べ過ぎ、ながら食いなどを記入することで気づくことができます。
基礎代謝が悪いと脂肪を溜め込みやすい体質になります。運動をして常に基礎代謝をあげるようにすることが大切です。まず、つとめて歩くことから始めましょう。それから徐々に運動を習慣づけましょう。

ページのトップへ ▲

栄養バランスのとれた食習慣
栄養バランスのとれた食習慣
食事は、ただやみくもに量を減らすのではなく、次の点をポイントにして気楽に実践していきましょう。

食事と嗜好品(菓子、ジュース、アルコール飲料)を区分し、嗜好品をやめるか減らすことにしましょう。嗜好品のために食事を減らすことはしません。
甘い物、アルコール飲料の多い人は、やめるか半量にします。
毎食、主食、主菜、副菜が適量か確認する。米、パンなどの主食の多い人は、まず半量にしてみましょう。
油の多い食事を減らし、1日の油の摂取量を大さじ1杯くらいに抑えます。天ぷら・フライ・唐揚げの順にころものカロリーが高くなります。
空腹感時には、野菜、海草、きのこ類、こんにゃくなどで量を増やします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました