体温と褐色脂肪細胞

体温維持活動
体温維持活動
人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、その熱で体温を上げ維持します。これもエネルギーをたくさん消費する基礎代謝です。

基礎代謝が正常であれば、平熱は36℃台に保たれています。体温が1℃低いと、1日およそ140キロカロリー消費できなくなります。脂肪に換算するとおよそ20グラムになり、1ヶ月で0.6キロも太ってしまうことになります。さらに体温が低いと、内臓の働きが弱ったり、肌の新陳代謝が鈍くなったり、エネルギーの消費量が減少していきます。つまり基礎代謝がどんどん低下していくのです。

ページのトップへ ▲

カロリーを溜め込む体質
カロリーを溜め込む体質
平熱が36℃台でも寒い部屋にいて体温を上げるためにエネルギーを燃やすことができず、基礎代謝量が低下してしまう体質の人もいます。クーラーの効いた部屋にいると身体が冷えてしまう冷房病の人も、同じ体質です。カロリーを消費できずに、溜め込む体質になっている可能性が高く、平熱が36℃台でも体質によっては安心はできません。

 

褐色脂肪細胞
褐色脂肪細胞
エネルギーを燃やす細胞のことを褐色脂肪細胞といいます。体が寒さを感じると白色脂肪細胞というエネルギーを貯える細胞から褐色脂肪細胞が燃料を受け取り、それを燃やして熱を生み出し体温を上げます。

その褐色脂肪細胞の働きが悪いと燃料を燃やせず、体温を上げることができません。つまりこの細胞を活性化すれば、体温も基礎代謝も上げられるのです。褐色脂肪細胞は首と肩甲骨付近に密集しています。そこで熱を生み出し、全身に温かい血液を送ることで体温を上昇させています

 

身体に寒い状況だと認識させる
身体に寒い状況だと認識させる
体には寒さを感じる冷点というセンサーがあります。そこを刺激すると、体は寒いと感じ、褐色脂肪細胞が働くスイッチをオンにすることになるのです。全身の中で冷点が最も多いのが唇です。しかし、唇は頻繁に冷たいものに触れているので、その度に体温を上げてはいられませんので、スイッチにはなってません。

そこで、唇の次に冷点が多い手が褐色脂肪細胞活性化のスイッチになります。しかも手は全身の中でもっとも脳の感覚野の領域が広い場所です。冷たいものを触ると寒いという情報が脳に大量に伝わります。すると脳が体温を上げなければと判断し、褐色脂肪細胞を活発に働かせるのです。

 

褐色脂肪細胞活性化
褐色脂肪細胞を活発化すれば基礎代謝は必ず上がります。

水を凍らせたペットボトルを握り、まず褐色脂肪細胞にスイッチを入れます。
平泳ぎをするように腕を回し、首を上下に動かします。
15秒回したらお湯で手を温める。これを5回繰り返します。
褐色脂肪細胞活性化
※やりすぎには注意しましょう。身体に違和感を感じた場合には決して無理に続けないようにします。

このトレーニングを1日5回、2週間続けて見事、基礎代謝量が標準値までアップした人もいます。褐色脂肪細胞周辺の血流をよくすると、全身に温かい血液が送られるため、体が活発化し、基礎代謝を高められるのです。

 

温度差をつけシャワーで刺激
温度差をつけシャワーで刺激
褐色脂肪細胞の活性化するポイントは、褐色脂肪細胞そのものに直接、刺激を与えることです。褐色脂肪が密集している首に温度差をつけながら、シャワーをかけて刺激を与える方法などがあります。

40℃のお湯と、20℃の冷たい水を交互に30秒ずつ5回、首の後ろに当てます。これで確実に褐色脂肪細胞は活性化します。この方法の難点は冷たい水をかけるという身体にとって辛いことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました