脂肪の分解について

脂肪の分解と運動についてです。体脂肪は、ダイエットでは何かと悪者にされがちですが、人が生命を維持するためには無くてはならないものです。筋肉や骨、神経、内臓などにも脂肪はあり、存在しているのは内臓脂肪だけではありません。体温調節やたんぱく質の節約、衝撃吸収、エネルギーを効率よく貯め込むことなどが、脂肪の役割だそうです。

脂肪が多すぎては肥満体型の元ですが、少なすぎても良くありません。体脂肪はいつも合成と分解とが行われているもので、脂肪が増加するのは合成が分解を上回ったときで、脂肪が減少するのは分解が上回った場合です。脂肪を効果的に減少させるには、分解を合成が上回るようにすることが不可欠です。リパーゼという脂肪細胞内に存在する酵素を働かせなければ、合成が分解を上回るようにはならないといえます。リパーゼが体脂肪の分解を行うようし向けるには、中程度の運動を一定期間行うなどして副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促す必要があります。

筋肉を動かすエネルギーとして、分解された脂肪は脂肪酸を分泌しますが、二酸化炭素と水に分解されてしまいます。使われなかった分は肝臓で再び中世脂肪に合成されます。せっかく脂肪を分解したとしても、使用されなれければ再び脂肪にと合成されてしまうのです。脂肪の分解でできたエネルギーを速やかに筋肉で使い切ってしまうことで、合成を食い止めることができるでしょう。

 

 

どのようにして運動などでエネルギーを消費すべきかを、体脂肪の分解について考えた場合に悩む人もたくさんいるでしょう。長時間にわたってかなり激しい運動を続けない限り、脂肪をまとまった量で分解することは難しいでしょう。1日のうちの短時間しかできない運動を通しての脂肪の分解手段を考えるより、何もしていない時の脂肪の分解量を増やすという考え方もあります。活発な運動をしていない間も人の体は心臓を動かし、生命維持を行う上で必要なエネルギーを、体温を保ちながらいつも使っています。

基礎代謝というものがこの仕組みで、高い基礎代謝をもつ体質になれば、脂肪を安静時でも分解することが可能になります。人によって基礎代謝量は違うもので、その差は性別や年齢にもよります。一般的に女性より男性の方が基礎代謝が高く、年齢では中年を過ぎると格段に基礎代謝が落ちます。年齢と共に基礎代謝が落ちているにもかかわらず従来までと同様のカロリー摂取を続けていれば、使われなかった脂肪は分解できず蓄積されるばかりです。

効率的に脂肪を分解するには、まずは基礎代謝を高めることが重要です。効果的に基礎代謝を高めるには、冷え性の改善や血流の促進をするのがおすすめです。筋肉において最も盛んなのが、基礎代謝のエネルギー消費です。脂肪が自然と分解されやすい体質するためには、筋肉を適度な運動で増やす努力をしましょう。

 

脂肪分解に効果のある食べ物には、何を選ぶべきでしょう。体が必要としている量以上のカロリーを食事などで摂取すると、脂肪の元となります。とはいえ、ある程度健康な体を保つには、脂肪分解を期待して食事を断つといったことはできません。食材や料理方法を工夫して体脂肪分解を促すようなご飯を食べることは、ダイエットにもなります。カロリーを多く含む食材や揚げ物など油っけのある食事をしたり、大量の食事を摂取することで、カロリーが高くなることがあります。

短時間でよく噛まずに食べていると気づかないうちに食べ過ぎてしまう傾向があるようです。食事内容に手を入れて脂肪分解を促すには、低カロリーのたんぱく食中心に置き換え、糖質や炭水化物の摂取を控えてみてください。ですが、このダイエット方法はアメリカなどの食生活を前提としていますので、和食の環境下では別なこともあります。ダイエットを考える上で和食はとても優秀な食事です。

米はパンより消化吸収がゆっくりで血糖値が急に上昇する心配はありませんし、元が淡泊なのでどういったおかず類とも合われることができるからです。魚を選ぶのなら、不飽和脂肪酸の多い背の青い魚がいいでしょう。食物繊維やビタミン摂取のため、副菜にはキノコや野菜を用意しましょう。海藻や乾物も、低カロリーで食物繊維を豊富に含み、ダイエットに適した優秀な食材です。日々の食事内容を改善することによって、脂肪の分解を助ける食材を多く摂取してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました