夜ごはん抜きダイエットでリバウンドしない方法(編集

せっかくダイエットに成功しても、リバウンドしてしまえば元も子もありません。そのためリバウンドしないダイエットを心掛けるべきです。ではどのような点に注意できるのか、いくつかのポイントをお伝えいたします。

「食事の量を制限しない」

最も効果的なダイエットは、食事の量を減らすことです。体は食べ物から得られる栄養素で構成されているために、食べる量を少なくすれば、必然的に身体は細くなります。しかしこの方法は健康的なダイエットとは言えません。なぜなら食べる量を減らすなら、脂肪だけではなく骨や筋肉の量も減っていくからです。そしてこうした状況に陥ると、体は少ない食べ物からできるだけたくさんの栄養素を吸収しようとします。この仕組みは、食事の量を減らしてダイエットに成功した人にリバウンドを生じさせます。
実のところ、食事の量を減らしてダイエットを行うべきなのは、暴飲暴食が原因で肥満になってしまった人だけです。そのため食事の量がそれほど多くないにも関わらず太ってしまうという人の場合は、食べ物の量を極端に減らしてのダイエットはおすすめできません。
まず考慮すべきなのは、肥満を生じさせるものを食べ過ぎていないかという点です。食べる量がそれほど多くないにもかかわらず肥満に悩んでいる人の多くは、糖質を含むものを好んで食べています。糖質は体のエネルギーを作り出す大切な栄養素です。しかし摂取しすぎると体内のインシュリンが糖質を脂肪に変え、それを体中に送ります。これが糖質による肥満の仕組みです。そのため糖質の摂取量を減らすだけで、肥満が解消されることがあります。
この方法でのダイエットは糖質の摂取量を減らすだけで、食べ物の量を減らさずに済むこともあります。そうなれば空腹に悩まされたり、少量の食べ物からたくさんの栄養素が摂取され、それが肥満につながることはありません。糖質は甘いものだけではなく、米や麺類などの炭水化物にも含まれています。そのため甘いものだけではなく、炭水化物の摂取量にも注意すべきです。そして脂っこい食事なども肥満の原因となりますので、そうしたものを好んで食べる習慣の人は、食生活の改善に励むべきです。

「筋肉量を増やす」

ダイエットを行いながら、太りにくい体を作ることは可能です。この点で欠かすことができないのは筋トレです。筋肉は脂肪を燃焼させる作用を有しています。そのため適度な量の筋肉をつけることは、太りにくい体を作ることに貢献するのです。しかしいくら筋トレを行っても、筋肉を作り出す栄養素を摂取しなければ効果は見られません。筋肉を構成する主な栄養素は、タンパク質です。そのためタンパク質の摂取を心掛けるようにします。
タンパク質は肉類や大豆食品に多く含まれています。そのためこうしたものを意識して摂取することができます。またこの栄養素はビタミンB6やビタミンCと一緒に摂取すると、吸収が良くなります。豚肉にはタンパク質、そしてビタミンB6が含まれていますので、筋肉をつけるのにおすすめの食材です。またビタミンCは柑橘類や緑色の野菜などに多く含まれていますので、肉や魚を食べるときに一緒に摂取することができます。そして大豆食品である豆腐や納豆などは身近な食べ物ですので、こうしたものも意識して摂取することができます。ちなみに良質の筋肉をつけるためには肉や魚といった動物性タンパク質と、大豆食品などの植物性タンパク質をバランスよく摂取する必要があります。
またプロテインドリンクを飲むと筋肉がつくと思っている人がいますが、プロテインドリンクには吸収の良いタンパク質が含まれていますが、筋肉は使わなければ成長しません。そのためこのドリンクを飲むだけでは筋肉は発達しないのです。逆にプロテインが身体を太らせることになりかねませんので、この点は覚えておくべきです。

「定期的な運動を行う」

定期的な運動を抜きにして、健康的なダイエットを語ることはできません。また運動はダイエット後のリバウンド防止にも貢献します。当然のことですが、運動すると脂肪は燃焼します。そのため余分な脂肪を落とすことが可能となります。また運動することで筋肉が鍛えられます。先の項でも考慮したように、筋肉量が多くなれば脂肪の燃焼が促されます。このような状況もリバウンド防止に役立ちます。
しかしいきなり激しい運動を行うのはおすすめできません。たとえば肥満体の人が激しい運動を行うと、膝や足首などに大きな負担を掛けることになり、怪我の危険性を高めてしまいます。そのため状況に合った運動を心掛けるようにします。機敏な動作が難しいと感じる人は、ウォーキングやスイミングなどがおすすめです。ウォーキングはゆっくり行えば膝や足首に負担を掛けずに行える運動です。また異なる景色を見ながら行えるために、長続きさせるのも比較的容易です。
それでも一番おすすめなのは、スイミングです。水の中では膝や足首にかかる負担はかなり軽減されます。そのためふさわしい仕方で筋肉を動かすことができるのです。たとえ泳げなくてもプールを歩くだけでダイエット効果のある運動が可能です。最近のプールではウォーキング専用レーンを設けているところもり、このような状況はプール内での運動の効果を物語っています。

体重が落ちてきて、以前よりも動けるようになったら、別の運動を行うことができます。しかし運動することで体重が急激に落ちることは滅多にありません。中には運動しても体重が落ちないと感じる人もいます。しかし運動することで脂肪が燃焼し、さらに筋肉量が増えます。そのため体重自体に変化が現れないとしても、体形は美しくなっています。
リバウンドは体重のみで判断すべきではありません。体重が変わらなくても脂肪が増え、筋肉量が減っていることも考えられます。そのためここで考慮したことを行い、太りにくくてリバウンドが起こらないダイエットに励むべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました