サラダダイエットで痩せない原因は?

・ ダイエットに向いているサラダの食べ方とは

サラダはどのような効果があるのか

サラダといえばダイエットに向いていると言われていますが、実際には体重が減って噛む回数が増えて食べるまでに時間がかかって早い段階で満腹になるものです。このため、その後に食べる肉や魚などが必然的に少なくなるため、いつの間にか体重が減るという仕組みです。また、生野菜のサラダは食物繊維を多く含むため便秘を解消でき、体の老廃物を除去して肌がきれいになります。ほかにも、食前に野菜を食べると血糖値の上昇が緩やかになり肥満や糖尿病になるリスクを避け、ビタミンやミネラル、マグネシウムなどの栄養を摂取できて効果的です。このため、食前にサラダを食べると痩せやすく、ダイエットをする方法として考えると手軽に挑戦できます。
ダイエットをする時はサラダなら何でも食べれば良いわけでなく、向いているものの特徴を確かめて食生活に取り入れる必要があります。サニーレタスやグリーンリーフなど色が濃い葉物野菜はカロリーが低く栄養価を得られ、ほかにも水菜やほうれん草も効果が高いです。また、ブロッコリーやアスパラ、人参、えんどう豆、カブ、レンコンなどは茹でたり蒸したりし、温野菜にすると体を冷やすことがなくて効果があります。しかし、ポテトサラダやカボチャサラダは野菜そのものに糖質が多く、マヨネーズをかけてしまうとカロリーが高くなりダイエットに不向きです。ほかにも、春雨サラダやマカロニサラダなども糖質が多く、逆に太ってしまうことになります。

・ドレッシングは逆効果になりやすい

サラダを食べる時は味を良くするためにドレッシングをかけますが、実際にはカロリーや糖質量が多くなれば痩せなくなります。このため、サラダがいくらヘルシーといってもドレッシングの選び方を間違えると逆効果になり、ダイエットを失敗しやすくなるため注意が必要です。今話題のノンオイルドレッシングはオイルが含まれていないため安心して使えると思われがちですが、実際には多くの糖質が含まれて落とし穴にハマることもあります。また、マヨネーズは糖質が少ないもののカロリーが高くなり、ダイエットに向いてないため痩せたい場合は避ける方法が望ましいです。逆に、ドレッシングはオイルが含まれているとダイエットに不向きだと思われがちですが、トマトや人参などの緑黄色野菜は一緒に取れば栄養素の吸収が良くなります。また、脂質はホルモンを作る材料になることや便秘解消にも効果的で、取り過ぎないように適度に摂取すると効果が高いです。
ドレッシングはダイエットに逆効果になりやすいですが、あくまでも妨げになる成分が含まれている状態で避けると安心して使えます。このため、市販の商品を購入せずに自宅で作れば好みの味に仕上がり、サラダをおいしく味わえるようにすると良いものです。また、自宅で作る方法は糖質が多くてカロリーが高くならないように材料を決め、野菜をおいしく味わえるようにすると効果があります。ドレッシングをうまく使う方法はかけるよりも和えることや、レモンやお酢でのばすなど工夫すると使い過ぎることを防ぎやすいです。このため、生野菜の本来の味わいを楽しめるようにドレッシングに含まれる成分をうまく調整し、太りやすくならないようにすると心配をせずに済みます。

・低カロリーのサラダを作ってダイエットをしよう

サラダは様々な種類の野菜を組み合わせることでダイエットをするために効果があり、ただ単に痩せることだけでなく美容や健康に良いことがメリットです。逆に、糖質が多い野菜やオイルが多いドレッシングを選ぶとカロリーがオーバーし、痩せなくなってしまうため避ける必要があります。また、小松菜や水菜、サニーレタスなどの緑黄色野菜や抗酸化作用が高いトマトやブロッコリーは痩せやすく、食物繊維が多いきのこ類や海藻などをトッピングすると効果的です。逆に、さつまいもやカボチャ、とうもろこしなどは糖質が多く、高カロリーなマヨネーズを使うと痩せにくくなります。しかし、低カロリー食材は淡白な味で飽きやすくなり、手作りドレッシングを使って食べやすくなるようにしたいものです。
低カロリーのサラダはダイエット以外に美容にも効果がありますが、良質なオイルを使うと便秘や代謝が不足して肌が乾燥することを防げます。しかし、脂質を摂取するために不飽和脂肪酸を含むオイルを選ぶことが重要で、オメガ3やオメガ9が該当します。しかし、サラダ油やコーン油、マヨネーズに多く含まれるオメガ6は摂りすぎると危険で、ほかにもマーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし逆効果になるため注意が必要です。このように、生活習慣病予防で代謝アップの効果があるアマニ油や便秘解消ができるオリーブオイルなどが役に立ち、サラダと一緒に食べるとダイエットに効果を出せます。また、低カロリーで高タンパク質な鶏むね肉などの具材をサラダに入れ、痩せやすい体作りを心がけると良いものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました