ダイエットで有酸素運動だけだとどうなる?(編集

よく耳にするダイエット方法と言えば、「有酸素運動」や「筋トレ」、「食事制限」などが定番です。

でもダイエットをしている方の中には、「有酸素運動」がそもそもどんな運動のことを指しているのかわからずに実践している方も少なくないと思います。

有酸素運動の仕組み、コツを知ることで、ダイエット効果をさらに高めることができますよ☆

効率的に脂肪を燃焼して健康的なスタイルを目指しましょう!

【有酸素運動ってどんな運動?】
有酸素運動とは、酸素を燃焼材料にしている運動のことを言います。

軽い負荷をかけながら20分以上運動をすると、脂肪の燃焼率が上がるので、運動が苦手な方でも簡単に実践できるダイエット法なんです!

代表的な有酸素運動は、ゆったりとした動きのウォーキングや水泳。

ダイエット初心者には、負荷が少なくて続けやすいウォーキングがおすすめです☆

有酸素運動のコツは、「人と会話をしながら運動できるくらいのペース」を保つことです。

有酸素運動はゆっくりと呼吸をしながら体を動かすことで、脂肪が燃焼されるので、息が切れないように行うことがダイエット成功のコツとなります。

ちょっと前までは、「有酸素運動は20分以上続けないと効果が出ない」と言われていましたが、これは全くの嘘。

有酸素運動を20分間続けると体温が上がるので、20分以上続けると脂肪の燃焼率が上がるというだけで、5分や10分だけでも脂肪はきちんと燃焼されます。

ダイエットで一番大切なことは、「持続させること」です。

有酸素運動20分って運動が苦手な人にとっては、結構ハードで疲労感を感じるんです…。

モチベーションを保つためにも、「汗をかいて気持ちよく行える」くらいのペースで毎日実践出来たらOKです!

【家で簡単にできちゃう有酸素運動】
有酸素運動のウォーキングは負荷が少なくて続けやすい運動ですが、「正直スポーツウェアを買い揃えるのが面倒…。」「すっぴんで外に出たくないし夜は怖い…。」という方がいると思います。

そんな方におすすめなのが、「踏み台昇降運動」です!

踏み台昇降運動に準備するものは、約15cmの高さの踏み台だけ!

踏み台を約20分間昇り降りするだけで、ウォーキングと同じような効果を得ることができちゃうんです。

踏み台昇降運動はテレビを観ながら、自分の好きな時間に行えるので、20分間あっという間に経ってしまいます。

運動が苦手な人、ダイエット初心者にとって、「負荷が少なくあっという間に感じる」ダイエット法はモチベーションを維持しやすいので、短期間でダイエット効果を実感することができるんですね。

テレビや好きな映画を観ながら、場所も取らないので、ウォーキングをしたくないという方におすすめします!

大切なイベントを控えていて、「短期間で絶対に体型を変えたい!」という方は、食事制限をしながら有酸素運動をしましょう。

ここでの食事制限は「空腹を我慢する」ハードなものではありません。

ダイエットはモチベーションが大切になるので、ハードな食事制限はNG。

有酸素運動の効果を高めるには、「高タンパク質の食べ物を積極的に摂る」ことを心がけましょう。

高タンパク質な食べ物は、ゆで卵や木綿豆腐、赤身肉など、腹持ちが良いものが多いので自然と摂取カロリーを減らすことができます。

タンパク質はダイエット中には欠かせない栄養素で、代謝を上げて脂肪を燃えやすくし、筋肉がつきやすい環境を作ってくれます。

痩せやすい体質にしてくれるので、ダイエット中の方は高タンパク質な食べ物をどんどん摂るようにしましょう!

もちろんタンパク質だけでは栄養が偏ってしまうので、野菜や炭水化物も食べ過ぎない程度に摂りましょう!

【有酸素運動に慣れてきたら無酸素運動もしよう!】
無酸素運動は短時間で強い負荷を与える運動で、代表的な運動は「筋トレ」です。

無酸素運動は基礎代謝を高めてくれるので、脂肪が燃えやすい状態になります。

なので、無酸素運動で代謝が上がっているうちに有酸素運動を行うことで、さらに脂肪が燃えやすくてダイエット効果が高まるんです。

短期間で痩せたい方にはおすすめですが、無酸素運動は負荷が強くて疲れやすく、筋肉痛にもなるので運動が苦手な方は続けにくいかもしれません…。

無酸素運動を取り入れるときは、有酸素運動で体重を落として身体が軽くなった後に行うと、疲れを感じにくくなるのでおすすめです。

無酸素運動は結構ハードなので、無理をすると足腰を痛めてしまいます。

最初は無酸素運動を5分から10分に止めて、後はゆっくり有酸素運動を行うだけでも脂肪は十分燃えてくれます。

無酸素運動の中でも一番おすすめなのが「スクワット」です。

太ももの筋肉は身体の中で一番面積が大きく、スクワットで太ももを鍛えると上半身の筋肉も同時に鍛えることができるので、効率的に理想的な身体をゲット出来ちゃいます。

最初は脚がブルブル震えますが、太ももに筋肉がつくと引き締まったスタイルになりますよ☆

 

1 ダイエット初心者が失敗しやすい有酸素運動のやり方
ダイエットを開始する時、とりあえずサウナスーツなどの汗を描きやすい服を着た状態で外を走りに行った方法を取られた方は結構いるんじゃないかと思います。
これは推測ですが、この方法で成功した人はほんの一握りで、ほとんどの方が何らかの形で挫折してしまっているのではないでしょうか?
実は私も過去に失敗した者の1人で、ダイエットを成功させた今となっては、効率の悪い無駄な事をしていたなぁと感じています。
今回は私の経験を踏まえて、ダイエット時における有酸素運動の考え方や実施の流れなどについて説明したいと思います。

2 まずは燃費を悪くしましょう。
例えば50ccと400ccのオートバイがあり、同じ道を100km走行した場合、どちらの方がガソリンを消費するでしょうか?
答えは言うまでもありませんが、400ccの方でエンジンの排気量が大きい分、50ccよりもパワーやスピードが出る代わりに、ガソリンの消費量が多くなります。
これは人間の身体も同じで、筋肉量が多ければ多いほど、使用されるエネルギーが多いので痩せやすくなり、逆に筋肉が少ない状態でいくら有酸素運動をしてもダイエットには効率が悪い事が理解出来るかと思います。
ですのでダイエットを考える上でまずは筋肉を付けて身体の馬力を上げる、言い換えれば燃費が悪い身体に変身させる事が非常に重要です。
よく「筋肉を付けたら身体がゴツくなって余計に太ってみられるんじゃないか?」と言った誤解があります。
筋トレで身体をゴツくするには、相当ハードにトレーニングをする必要があり、女性はホルモンの関係で相当追い込まない限りは筋肉が付きすぎて太るという心配はほとんどありません。
逆に筋トレしか行わない場合でも、身体の代謝率が上がるお陰でそこそこ痩せていくようになり、有酸素運動のみのダイエットよりもリバウンドしにくい身体を手に入れる事が出来るようになります。

3 ある程度筋肉が付いたら有酸素運動を開始しましょう
有酸素運動をほとんどせず筋トレのみの方法で、ある程度体重が落ち、引き締まった身体を手に入れる事が出来たら有酸素運動を本格的に開始してみましょう。
始めてみると、全く筋トレせず有酸素運動だけをしていた場合と比較すると、体温の上昇スピードや発汗量の違い、強い負荷で体を追い込む事が出来るようになっている事が実感出来るかと思います。
ここで一つポイントとして、有酸素運動は筋トレを行ってから実施した方が、より効果が高いという所です。
筋トレを行う事で成長ホルモンが分泌され、脂肪が燃えやすい状態になる為、いきなり有酸素運動を行うよりも効率的です。
逆に有酸素運動をした後で筋トレをするとエネルギーが欠乏し、十分に負荷をかける事が出来ず筋トレの効果が半減してしまうので注意が必要です。

4 コツが掴めるようになればサプリメントも取り入れてみよう
有酸素運動がある程度習慣になってきたなら、より効果を上げる為、サプリメントにも気を使ってみましょう。
最近はドラッグストアにも非常に多くの燃焼系のサプリメントが販売されており、購入に迷ってしまわれる方が多いのではないでしょうか?
私も色々と試しましたが、その中で一番効果があったのが、明治のスーパーヴァームです。
通常のヴァームにカルニチンなどの燃焼系成分が含まれている優れもので、これを飲むと有酸素運動の発汗量が倍近く違います。
私はスーパーヴァームを取り入れてから、お腹周りの脂肪がめちゃくちゃ落ちるようになり、今ではモデルのようなクッキリと浮かび上がった腹筋を手に入れる事に成功しました。
ドラッグストアだけでなくコンビニやスーパーなどでも気軽に購入出来、価格もリーズナブルなので迷ったらまずスーパーヴァームがオススメです。

5 自分に合ったスタイルを見つけよう!
有酸素運動は1度に約20分間を週2辛くて3回継続させる必要があるので、決して楽な事ではありません。
ですので面倒だと思ってしまったり、思い通りに痩せていかないなどで、途中で止めてしまいたいと思悩んでしまう事もあるかもしれません。
そんな時は、気持ちを切り替え、1度視野を広げてみる事をオススメします。
有酸素運動はランニングやバイクなどを想像しがちですが、エアロビなどのスタジオレッスンや水泳などバラエティ豊富で、行き詰まったら違う運動も試してみましょう。
様々な運動の中で自分にあった物に出会う事が出来れば、無理なく有酸素運動を習慣にする事が出来ます。
自分が思い描いている理想の身体を手に入れる為、自分に合ったスタイルの運動方法を見つける事が重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました