食べ過ぎを抑える

ダイエットは食べる量を減らす事が基本
ダイエットと言えば食べる量を減らすという事が基本中の基本です。大人の女性の場合、もちろん年齢や体重にもよりますが、1日の摂取カロリーの目安は1,600kcal〜1,900kcalくらいと言われています。簡単な話、ダイエットはこの摂取カロリーが1日の消費カロリーを下回れば大抵は成功するのです。けれども言うのは簡単、実行するのはなかなか難しいというのが本音ですよね。ダイエットをしている人の多くが痩せたいけれど、どうしても食べ過ぎてしまう・・・という現実に悩んでいるのですから。痩せたいという気持ちはダイエットをしている人なら誰もが持っている願望です。にもかかわらず、ついつい食べ過ぎてしまう原因とはいったいどこにあるのでしょうか。ここではダイエット中なのにどうしても食べ過ぎてしまう原因について見ていきましょう。

ストレスはダイエットの大敵!ストレスが食べ過ぎに原因に
ダイエット中なのに太ってしまった!という話をよく聞く事があります。それはダイエットに取り組む方法に誤りがある事がほとんど。そして、そんなダイエットの失敗をしてしまった人の多くはその原因を突き詰めていくと、ストレスにある事が多いのです。私たちが日常生活の中で自分の思う通りに物事が進まない事で抱える不安や悩みなどがストレスとなって私たちの体を蝕んでいきます。ストレスは自律神経などの働きを阻害するため、やはり私たちの体にとっては良いものとは言えません。体はそんなストレスが溜まると、それを異常だと感知しストレスを発散させようと脳に信号を出すようになります。ストレスを発散させる方法には、例えば物欲を満たそうと衝動買いなどをしたり、睡眠欲を満たすためにぐっすりと眠って疲れた体を癒すなどという事があります。つまり私たちが日常の生活の中で抱く欲求を満たす事がストレスを発散するための有効な方法なのです。欲求と言えば食欲も立派な欲です。無理なダイエットをして極度に食事を取る事を我慢しているとストレスが極度に溜まってしまいますよね。そのストレスを体は異常と判断すると、今度はそのストレスを発散させるために、逆にドカ食いなどに走って逆に食欲と言う欲求を満たそうとしするようになります。ダイエットをしていたのに逆に太ってしまったという話は、実はこういう所に原因があるという訳です。

運動で食べ過ぎを防ぐ
ダイエットを成功させるためにはいかにストレスを溜めずにダイエットをしていくかという事がとても重要なポイントです。例えばダイエット中に取り組む運動としてジョギングやヨガなどが人気です。それら有酸素運動には体に酸素を取り組んで脂肪を燃焼してくれる効果があります。けれどもそのような直接的なダイエット効果以外にも、痩せるために役立つ側面的な効果が運動にはあるのです。適度な運度は交感神経と副交感神経の働きを整えるので、体の基礎代謝を上げてくれる効果が期待出来ます。基礎代謝が上がると体のエネルギーの消費量が増えますので、ダイエットにとっては良い事と言えます。またジョギングやヨガは気分転換にもなり、毎日の生活の中で溜まりに溜まったストレスを発散させてくれる効果があるのです。どうしても食べ過ぎてしまうと言う人はやはり運動不足である事が多い傾向にあります。思い当たる人はジョギングやウォーキングなどをダイエットのメニューに取り入れると食べ過ぎを防ぐ効果が期待出来るはずです。

おにぎりダイエットで食べ過ぎを防ぐ
おにぎりダイエットというダイエット方法をご存知ですか?このおにぎりダイエットはたくさんの芸能人も取り組んでいる事もあってとても人気のダイエット方法です。やり方はとても簡単です。お腹が空いたらおにぎりを一個、食べるだけです。普通、ごはんは1日3食、食べるものですよね。けれどおにぎりダイエットはお腹が空いたらおにぎりを一個食べるという方法なので、食べるタイミングには決まりはありません。お腹が空いたのなら1日に5回食べても構いません。けれども守るべきルールはお腹が空いた時に食べるという事。決してお腹が空いていない時に食べてはいけません。お腹が全然空いていないのにおにぎりを食べるとそれは間違いなくカロリーオーバーになりダイエットの失敗に繋がりますから気をつけましょう。おにぎりのカロリーはもちろん中に入っている具や大きさによっても異なりますが一個あたり160kcalから180kcalが目安です。そのおにぎりを1日に5個食べても摂取カロリーは合計で1,000kcalに達しません。つまり摂取カロリーを抑える事ができるという訳です。また、食べる事を我慢しないで良いという事がおにぎりダイエットの大きな特徴なので、食べる事を我慢するストレスから派生する食べ過ぎを防ぐ事が出来るというメリットがあります。今まで、どんなダイエットも結局はストレスが溜まってどうしても食べ過ぎてしまい、結局はダイエットにも失敗してしまっていたという人にはまさにうってつけと言えます。

まとめ
いかがでしたか?痩せたいけれど、ついつい食べ過ぎてしまうと言う人は実はストレスに原因があったという事がお分かり頂けたと思います。ですから、そんなストレスと上手に付き合う事さえ出来ればダイエットもきっと成功するはずです。食べ過ぎなのは分かっているんだけど、どうしても自分の欲求を抑える事が出来ず、ダイエットに失敗していた人達は是非、参考にしてみて下さいね。

 

 

 

・なぜ食べてしまうのか

ダイエットをする時に悩むことといえばやはり食べ過ぎてしまうことで、体重を落とすどころか増加してしまうものです。基本的に、栄養が足りなくてついつい食べたくなることやストレスが溜まっていることがあり、食事制限や食事を抜くことは一筋縄ではいかなくなります。また、食生活は乱れると体の機能が低下してストレスの原因になり、いつの間にか暴飲暴食をしてしまうことも多いです。しかし、何も食べずに生活をすると新陳代謝が下がり体の機能が低下するため逆効果になり、最低限必要な栄養素を摂取することが求められます。ちなみに、人間は制限があれば何かしらのストレスがあり、脳に感じるとコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンを出し分泌されるとついつい食べてしまうものです。このため、食べずにそのまま生活をするといつの間にか食欲が止まらなくなり、カロリーや糖質などが増えて逆効果になります。
食事制限などのダイエットをすると効果が出ないとストレスが溜まり、自己嫌悪してしまうものです。このため、逆に食欲を増やしてしまうため戦わないようにすることを考え、空腹の時間を作らないように心がける必要があります。基本的に、お腹が空くメカニズムは食べた直後に血糖値が上昇し、下げるために働くインスリンが分泌して下げてしまい起きるものです。このため、食事以外でストレスを発散させるように考え、タンパク質をしっかりと摂取することが求められます。ちなみに、タンパク質は筋肉の元になるため満腹感が得られ、摂取カロリーが少なくなることが特徴です。このように、食事制限のダイエットをする時はなぜ食べてしまうのか理解し、体に負担をかけないように続ける必要があります。

・食べ過ぎて困っている場合は解決する方法を探そう

食べ過ぎは体に悪くダイエットに逆効果と自覚していても実際に防ぐことは難しいもので、困っている場合は解決する方法を探さないとストレスが溜まって日常生活に支障をきたすこともあります。このため、過食が何日も続いて途方に暮れている場合は心療内科を受診し、医師のアドバイスを参考にしてきっかけをつかむことが大事です。ほかにも、ダイエットのプロに相談する方法があり、管理栄養士と電話や無料カウンセリングを受けるなど様々な選択肢があります。このため、食べ過ぎで悩んでいる時は少しでも早く解決するように心がけ、余分なストレスを溜めないようにしたいものです。
ダイエットは食事制限などを考えると痩せると思われがちですが、急に食べたくなる衝動に駆られて一筋縄ではいかないこともあります。このため、事前にどのようにすれば良いか考えて食事のバランスを良くし、体に負担をかけないようにすることが大事です。基本的に、正しい食事ができれば体は勝手に痩せるため、ビタミンやミネラル、タンパク質を積極的に摂るように心がけるといつしか改善できます。また、ずっと食事のことばかり考えていても体がおかしくなるため、病院に行くか栄養管理士に相談するなど最適な対処法を決めたいものです。ほかにも、食事制限だけでなく体を動かさないと脂肪燃焼をして痩せることができないため、やるべきことを確かめて自分自身で意識して改善する必要があります。

・食欲を抑えるためには心を改善しよう

ダイエット中は食欲が止まらなくなることが多く、誘惑に負けるといつまでも痩せないため逆にストレスが溜まるものです。このため、食欲を抑える方法を知って自分自身で実践することを心がけ、効率良く体重を落とせるようにする必要があります。また、ツボを押す方法は意識して続けると効果を出せるため、食欲抑制ができる場所を知ると便利です。ちなみに、ツボは脂肪燃焼の促進や食欲抑制、便秘解消などに効果的で、食事の前に押すようにすると役に立ちます。また、食欲抑制のツボは耳や足などに多く、飢点は過剰な食欲を抑え噴門は胃の働きを正常にし、神門は精神を安定させるため場所を覚えると効果的です。
食べ過ぎは基本的に一人で食事をすると起きやすく、孤独で物足りなさがあるためいつの間にか量が増えることがあります。また、飲み会やパーティーなどでテンションが上がるとついつい食べてしまうもので、衝動が強く抑制できないこともあるものです。このため、体の代謝アップをすることを心がけ、体温を下げないようにすることや体を動かす必要があります。また、食べ過ぎは体内に塩分や脂肪が増えるため水分が溜まり、むくみなどを引き起こすものです。そして、食べ過ぎは不健康になるため適度を守って続けることを意識し、体内で不要な水分を外に出すためにカリウムを摂取すると効果があります。このように、食べ過ぎは体に負担をかけ健康に悪いため、なるべく防げるように自己管理をすることが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました