夜に体重が増えるのか

      2019/05/18

・なぜ夜に体重が増えるのか

ダイエットの方法は人それぞれですが、夜になるといつの間にか体重が増えていることもあります。また、食事制限をしているのに体重が増えると効果がなかったのかという錯覚になりますが、飲食をすると重くなりトイレに行ったあとは軽くなることが特徴です。そもそも、体重は常に右肩下がりになるわけでなく、状況に応じて増えたり減ったりします。このため、体重を測るタイミングによって変わることもあり、一喜一憂せずに長く続けられるようにすることが大事です。しかし、なかなか効果が出なかった時はダイエットの方法が間違っている可能性もあるため、原因を確かめて見直す必要があります。また、間違った方法であれば塩分や冷たいもののとり過ぎなどもあり、体を冷やさないようにすることや栄養のバランスを考えることが重要です。
夜は基本的に寝る前になるため食事をしたあとになり、朝と比べれば体重が重くなることもあります。また、ダイエットは体重を減らしているため代謝が下がり、消費カロリーが減り食べる量が少なくてもカロリーが増えているためです。このため、ダイエット中は意識して無酸素運動をすることを心がけ、代謝を落とさないようにする必要があります。ほかにも、生理周期の問題や便秘などもあり、栄養バランスが乱れていつの間にかお腹がぽっこり出て太って見られるものです。また、睡眠不足も健康に悪くストレスがたまる原因になり、寝ている間の消費が行われないため夜に増えた体重がそのままキープされます。このように、夜は体重が増えるタイミングですが、一喜一憂せずに長い目で見ることが大事です。

・体重をうまくコントロールしよう

ダイエットをする時に気になることといえば体重の変化ですが、食事制限などで誤った方法をすると逆効果になる場合もあります。また、体重のことばかり気にしすぎるとストレスがたまるため、体の機能が低下して逆効果になりやすいです。基本的に、体重は朝から夜にかけて1キロ増え、夜から朝にかけて1キロ下がる傾向があります。このため、夜に体重が増えることは誰でも起きるため、仕組みを理解し長い目で見るようにすると良いものです。しかし、朝から夜にかけて体重が2キロ以上増える場合は食べ過ぎや栄養が偏っている可能性もあり、意識して見直すようにする必要があります。また、朝のほうが体重が増えている場合も同様で、夜に測定して大量の水分を補給する時になりやすいです。
ダイエットは毎日の体重の変動を目安にすると成功しているかどうか分かり、チェックして何が原因で痩せないか確かめることが大事です。また、朝晩の体重の差を参考にしながら続けてみると減らない原因を知るきっかけになり、試行錯誤して最適な方法を探すと効果があります。しかし、誰もがイメージ通りに順調に体重をコントロールできるとは限らないもので、食事だけでなく運動をするなど最適な方法を探すことが重要です。また、就寝中は脂肪燃焼をするため体重が減りますが、代謝が悪いとなりにくいためストレスを溜めないようにすることが求められます。このため、睡眠時間を確保することや適度な運動をすることを心がけ、食べ過ぎて逆効果にならないようにしたいものです。

・うまく痩せたい時はどのようにすべきか考えよう

体重は基本的に夜になると朝よりも増える傾向がありますが、重要なことは多くならないようにすることです。また、体重は食事制限をすると効率良く減らせると思いがちですが、実際には便秘などで老廃物がたまり中性脂肪になるため逆効果になることもあります。ほかにも、食事制限は体に負担をかけることだけでなく栄養が偏ってしまい、消化されないため体重がいつしか増えるものです。このため、夜の睡眠中に効率良く脂肪燃焼を促進するためにはどのようなことが必要であるか考え、食事のバランスを良くする必要があります。また、体重の変化が気になる時は決まったタイミングで測ることを意識し、増えていれば何が原因なのか確かめるきっかけにしたいものです。
うまく痩せない原因は体の代謝が悪いことやストレスをためて中性脂肪が増えやすい状態であり、焦らないで目標を決めて失敗するとその都度原因を確かめるようにする必要があります。基本的に、痩せる体にするためには基礎代謝を上げることが重要で、筋肉量を上げるために無酸素運動をすることが大事です。また、ダイエットはすぐに効果が出るとは限らないもので、あきらめないようにすることが求められます。しかし、食事制限をする時は栄養のバランスが悪いと体に負担をかけるため、最適な方法を決めて脂肪燃焼をしやすくすることが重要です。このように、うまく痩せたい時は何が原因で体重が減らないか認識し、あきらめないように続ける必要があります。

 - ダイエット 停滞 痩せない 原因