MCTオイル価格効果(削除?

 

糖質制限についての関心が高まっている今、ダイエット効果が高いと最近特に注目されているのが「MCTオイル」です。MCTオイルとは食用油脂であるココナッツオイル100%でできている自然食品で、一般的な植物油と比べて「消化・吸収がよい」「体のエネルギーに変換しやすい」特徴があります。ダイエットに欠かせない栄養分として、タンパク質と「脂質」が多く挙げられますが、どのような脂質をとるかによって、ダイエットが成功しやすいかどうかが決まるといわれています。今回はこの良質な脂質である、MCTオイルについて詳しくご紹介します。

ダイエットを成功させるのには、たんぱく質と脂質が不可欠といわれていますが、この脂質を選ぶ際「トランス脂肪酸を含んでいるかどうか」は、重要な見極めのポイントとされています。トランス脂肪酸とは、いわば自然界にはほとんど存在しないとされる人工的につくられたもので、例えばマーガリンやサラダ油などが代表的な例。「食べるプラスチック」ともいわれ、このトランス脂肪酸を含む脂質をとりつづけることにより、体内で正常な分解がされず、心臓や血管の働きを阻害し、認知症のリスクも高まるといわれています。高いダイエット効果を狙うために必要なのは、良質な脂質、MCTオイルをぜひ毎日の食生活に取り入れてみましょう。

MCTオイルは、ココナッツオイル由来100%の植物油脂で、体内で使われるエネルギーを作り出しやすく、認知症などのリスクも下げるといわれるケトン体を増やす成分を多く含んでいます。このケトン体を体内で増やすということが、ダイエット効果をねらう非常に重要なポイント。ダイエット効果をねらうために、食事量を控えすぎてエネルギー不足に陥ってしまう例がよくありますが、このMCTオイルに含まれる質の良い脂質は、体内で消化後すぐにエネルギーに変わります。これにより、少量の食事量でも空腹になりにくく、体によいケトン体を多くつくりだす良い循環が生まれるのです。低血糖などによるふらつきやひどい空腹感などにも悩まされなくなり、長時間頭も体も活動しやすい状態が続くので、ダイエットによるイライラも低減。ついつい食べ過ぎやつまみ食いによるリバウンドも起こりにくくなります。

 

高いダイエット効果をねらうために、日々の食生活に気軽にとりいれたいMCTオイル。できれば毎食時にとりいれるのがおすすめです。特に朝食時にスプーン1杯ほどのMCTオイルをとりいれると、昼食時までは空腹感に悩まされることもなく、朝から活動的に過ごすことができます。もちろん、ランチや夕食時も、MCTオイルによる効果で少量の食事でもおなかが満たされ、自然に間食する機会が減って体重が自然に減っていった、という嬉しい効果が期待できます。無味無臭で透明色のMCTオイルは、さまざまな料理や飲み物に気軽にとりいれることができるので、いくつかおすすめのレシピをご紹介します。

①無糖ココア
朝食にぜひ、無糖ココアを飲む習慣をつくりましょう。
電子レンジで温めた牛乳コップ1杯に、市販の無糖ココアを小さじスプーンで1杯ほど溶かしたあと、MCTオイルを大さじ1杯ほど加えます。MCTオイルは加熱に弱いので最後に入れましょう。お茶や牛乳とくらべて、おなかも満たされやすくなります。夏場はアイスココアとして頂くのもおすすめ。

②味噌汁
温めた味噌汁をお椀によそったあと、MCTオイルを小さじスプーン1杯ほど加えます。味噌汁が入った鍋にMCTオイルを入れて加熱するのは避けましょう。朝食時にとりいれると午前中はほとんど空腹になることがなくなるほどお腹が満たされます。できれば毎食取り入れるのがベター。

③その他料理すべて
ダイエットのために肉や魚、豆類を多くとられている方は、加熱後の肉・魚料理や納豆などに、小さじスプーン1杯、或いは大さじスプーン1杯を加えてみましょう。夏場はサラダや冷奴など冷製の料理にもOK。見た目や味が変わることはありません。

料理や飲み物にMCTオイルを加える際、気を付けたいポイントは「加熱をしない」という点。MCTオイルを使って揚げ物や炒め物をすると、煙が出たり泡立ちが起こり大変危険です。また、カップラーメンなどによく使われているスチレン系樹脂(発泡スチロールやABS樹脂など)の容器は、MCTオイルをいれると溶けてしまうことがあるので要注意です。ダイエットフード食品がそのような容器に入っている際は、食器を陶器やガラス、金属などに移し替えをしてからMCTオイルを加えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました