ボディビルダーに向いている人の性格や特徴について

ボディビルは、まさに自身の筋肉を極限までに鍛え上げることはもちろん、その鍛えた筋肉をより美しくむせるために、全身の脂肪を限界まで落とす作業も必要になってきます。

ナルシスト、周囲の声を気にしないこと

私が考えるボディビルダーに向いている人の最初の特徴として、まず「ナルシストであること」が挙げられます。

これは決して悪い意味ではなく、常日頃から自分のことを気にかけ、また自分の微妙な変化を鏡で確認したり、写真を撮って記録したりと、意識を自分自身に向けられる人という意味です。

次の特徴として、これはナルシストと似ていますが、周囲の声を気にしないということが挙げられます。

ボディビルに関しては現在も否定的な意見は多く、特に多いのは気持ち悪い、不自然という意見ですが、本気でボディビルをやっている人はそうした意見に耳を貸しません。

むしろ筋肉を鍛えることに真の喜びを感じており、その喜びのためにひたすら努力できます。

外の声は一切気にしないで自分のことに打ち込める人間が向いています。

ストイックであること

そしていうまでもなく、ボディビルダーに向いている人の性格として挙げられるのが、ストイックということです。

筋肉を鍛えるうえで当然必要になってくるのは毎日のトレーニングです。

毎日毎日思い重量に向かって歯を食いしばって立ち向かい、ふらふらになるまでトレーニングし、終われば大量のプロテインを飲むという生活を年中しています。

(関連記事:プロボディビルダーのプロテイン摂取量は?

また、筋肉をとにかく大きくする時期には激しいトレーニングに加えて大量の食事を取り込みます。

「食事もトレーニングの1つ」という意識をもって1日に6~7食食べる人もいます。

サプリメントも大量に摂取し、なくなり次第また大量のお金をつぎ込んで購入します。

また、筋肉を休ませることもトレーニングの一環として考えており、1日のすべてを筋肉のために費やします。

減量期になると、今度は脂肪を落とすためにあらゆる努力をします。

有酸素運動はもちろん、炭水化物や脂質の量を制限し、直前期には水までも制限します。こうしたストイックな性格がなければボディビルダーになることはできません。

勉強熱心であること

また、ボディビルダーはどうしても頭が悪いという偏見を持たれがちですが、強いボディビルダーはトレーニング内容や理論、サプリメント・食事に関する栄養学に長けています。

さらに筋肉の仕組みを理解するために解剖学の知識を身に着けていたりと、頭が良い人の方が向いており、

また他の人のトレーニングを指導する際にも、根性論ではなく理論で教えることができるボディビルダーの方が大会で結果を残しています。

強い精神力と知性を兼ね備えた人間こそが、ボディビルダーに向いているといえます。

(関連記事:ボディビルダーになるには?ボディビルを始めるには?