ダイエット中にラーメン、おかし、ジュース、焼肉が食べたくなったら

      2019/05/19

運動だけでダイエットするのは現実的には非常に難しいです。体脂肪の元となるのは食事のカロリーですから、食事制限以外の方法で目標体重まで落とすのは容易ではありません。健康診断時に肥満だと医師から告げられた人は、まずは食事制限をするようにアドバイスを受けるでしょう。ただ食事制限で痩せる方法は、あらゆるダイエットの中で最も苦痛を伴うのが現実です。ダイエット中にラーメン、おかし、ジュース、焼肉が食べたくなったらどうしようと考えている人は多いはずです。

人間は空腹感を覚えたとき、真っ先に甘いものを食べたくなります。糖質は速やかにエネルギーに変換されるので、タンパク質や脂質よりも効率がよいのです。ただ間食を頻繁にしていると、ダイエットの成功率はぐっと低くなります。そもそも太ってしまう人は、必要量を超えたカロリーを摂取しています。カロリー過多を解消するためには、食べる量を減らすのが鉄板ですが、並行してカロリーの吸収率を低下させる工夫が必要になります。

例えば難消化性デキストリンを摂取しながら食事すれば、脂肪の吸収を抑制できるでしょう。また糖質の吸収も抑制してくれるので、甘いものが好きな人におすすめの成分です。間食で何か食べたくなった場合は、難消化性デキストリン入りのお茶を飲みながら食べるとよいです。この方法は肥満の予防だけでなく、糖尿病対策としても役立ちます。現代人が太りやすい理由には食物繊維不足があり、それを解消してくれるのが難消化性デキストリンです。とうもろこし由来の安全性の高い水溶性食物繊維で、野菜をあまり食べない人に適しています。

ダイエット中に間食をしたくなった場合は、とりあえず最も低カロリーの食べ物を選ぶという方法もありです。例えばプリンと比較してゼリーはかなりカロリーが低く抑えられています。ジュースを飲みたくなった場合は、糖質ゼロタイプを選ぶなど工夫するとよいでしょう。スナック菓子の中ではポップコーンが比較的太りにくく、これは食物繊維が豊富に含まれているからです。

 - ダイエット 空腹 食欲 対策