運動なしで短期間で痩せるダイエット方法は?食事制限だけで痩せることはできる? 

      2019/05/21

運動なしで短期間で痩せるダイエット方法は?

昔からダイエットの定番と言えば運動でしたが、運動をまったくせずにダイエットに成功している人は少なくありません。運動なしで短期間で痩せるダイエット方法は?という疑問に対しては、糖質制限ダイエットをおすすめします。運動をせずに痩せるためには食事制限が必須となりますが、食べたいものを我慢するのは相当なストレスが溜まるでしょう。ストレス過多になるとダイエットのモチベーションが低下し、最終的にリバウンドしかねません。

無理な食事制限の欠点は、栄養バランスを崩してしまうことです。例えばカロリーの摂取量を必要量未満に抑えてしまうと、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの栄養素を欠乏させる原因となります。特にタンパク質とビタミンは脂肪燃焼に必須ですから、欠乏すると太りやすい体質になるのです。カロリーを減らすということは、必須栄養素を欠乏させるリスクを高めます。食事制限でダイエットするためには、食事の量を減らさないことがポイントになるわけです。

食べながら痩せるダイエットはストレスが溜まりにくく、短期間での減量が期待できます。食べながら痩せるためのコツは、糖質の摂取量を減らすことです。糖質の代わりにタンパク質や脂肪の摂取量を増やすことで必要カロリーを満たします。太る食事と言えば脂肪や肉類を思い浮かべるかもしれませんが、最も影響しているのは糖質です。ご飯や麺類・パンなどを好んで食べる人は、非常に太りやすいので注意してください。

とは言っても糖質を完全に摂らない方法は、脳の栄養不足や低血糖などの要因となりますので、夕食だけ糖質を抜くようにします。夕食は食事量が最も多くなりやすいですが、実際は就寝前なので最もカロリーを減らすべき食事です。今までさまざまなダイエットに挑戦・挫折した人が、夕食の糖質を抜いたら急激に体重が落ちてきたという話は少なくありません。ご飯よりおかずのほうが高カロリーで太ると考えている人ほど、夕食の糖質制限ダイエットを実践する価値があります。

 

 

・食事制限だけで痩せることはできるのか?

ダイエットの方法は食事制限だけで考えるとリスクがあり、運動をしないと基礎代謝が上がらないため安易に考えると逆効果になります。しかし、運動が嫌いな人や時間がなくて体を動かせないこともあり、それでも効果を出すためには体の仕組みを理解することが大事です。基本的に、痩せる仕組みは摂取カロリーから消費カロリーを差し引いてマイナスになることで、食事を最適化して効率を良くする必要があります。このため、食事制限はどのような仕組みで痩せれるか確かめ、ストレスをためて逆効果にならないようにしたいものです。しかし、意識をせずに思い込みだけで続けていると失敗するもので、肥満度合いを確かめて消費カロリーを上げるように工夫する必要があります。
食事制限だけで痩せたいと考えている時は行動パターンを設定し、できるだけ長く続けることを意識することが大事です。ちなみに、朝は基礎代謝を上げるため自律神経を整えるようにすると効果的です。また、睡眠中は水分が失われるためお湯を飲むと基礎代謝がアップし、朝食を食べると消化器官や血管などの臓器が刺激を受けて体内時計をリセットしてくれます。最近では、まごわやさしいという栄養価が高い食材の頭文字を並べた言葉が注目され、ダイエットをする際には体重を落としながら健康維持ができることが特徴です。その7種類の食材は豆類、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、イモ類で、これらの食材が含まれるようにすると効果があります。ほかにも、フルーツや玄米、鶏の胸肉などが効果的で、食生活をするために取り入れると便利です。

・自炊をして必要な栄養素を摂取することを意識しよう

ダイエットで食事制限をする時はどのようなものを摂取すると太るか確かめ、避けるように意識することが求められます。また、食事を制限しても基礎代謝を上げないと脂肪燃焼ができないため、食べたものを消化できるように必要な栄養素を摂取することが大事です。基本的に、まごわやさしい食材を摂取すると量が少なくても効果があり、筋肉をつけて脂肪燃焼を促進して理想の体型になるようにする必要があります。しかし、お菓子やジャンクフードは太りやすくなるため、食べたくならないようにしっかりと噛んで食べるようにすることがポイントです。また、外食をするとどうしてもダイエットに逆効果の成分が含まれるため、自炊をして自分自身で使用する食材を選ぶように考えると効果があります。
自炊をするメリットは外食と比べて食費を減らせるため、すぐに作れるようにメニューを決めると便利です。また、メニューを決める時はまごわやさしい食材を中心に、フルーツや玄米、鶏胸肉などを入れるようにすると効果を出せます。このため、安易にダイエット食品やサプリメントに頼らないようにすることを心がけ、食事制限といっても豊かな食生活をするように考えると健康な体を作り痩せることと両立できて効果的です。このように、食事制限だけでダイエットに挑戦する時はただ単に食べずに痩せることでなく、食べるものの種類をうまく選び痩せて健康な体になるように意識する必要があります。

・食事を制限することの意義を確かめよう

ダイエットの方法として食事制限がありますが、端的に言うと食事を減らすことでなく種類を制限して痩せやすい体を作る必要があります。このため、食事抜きイコール痩せることとは違うもので、逆にストレスがたまることや代謝が悪くなるため逆効果になり避けることが大事です。また、誤った食事制限をすると体の機能が低下してやる気が出ないため体を動かそうとしなくなり、いつの間にか体内に老廃物がたまって中性脂肪が増えてしまいます。このため、食事制限だけで痩せることは極めて難しく逆効果になる傾向があり、体調を崩さないように体を動かすことが重要です。また、食事量を減らすと脂肪だけでなく筋肉も落ちるため、代謝が下がって体重が減らなくなります。
食事制限だけで痩せたいと考えている時はまごわやさしい食材を中心にメニューを決め、カロリーが高いものやお菓子やジャンクフードなどを避ける方法が望ましいです。また、ダイエットは痩せても不健康な状態になると意味がなく、しばらくするとリバウンドして体重が元に戻ってしまうこともあります。このため、生活習慣が悪くならないように食事のタイミングや睡眠時間を意識し、体に負担をかけないようにすることが大事です。また、食事制限はやり方が悪いとリスクが高く、便秘が続くと消化機能が悪くなります。このように、食事制限だけで痩せることは難しいもので、体を動かして代謝を良くすることが重要です。しかし、体を動かすことが面倒な場合は必要な栄養素を摂取し、太りやすくなるような糖質やカロリーをなるべく減らす必要があります。

 - ダイエット 10キロ