糖質制限、脂質制限、カロリー制限ダイエットはどれがオススメ?

      2019/05/19

ダイエットの定番と言えば、長年にわたって脂質制限でした。脂肪は1gあたりのカロリーが最も高く、糖質やタンパク質の4kcalに対して9kcalもあります。栄養素の中で最も高カロリーなので、摂取量を減らせば効率よくダイエットできると考えられていたのです。しかし脂質は体内に吸収されにくく、ほとんどが排出される性質があります。そのため脂肪の摂取量を増やしても体重は増えにくく、逆に摂取量を減らしたからと言って急激な減量は期待できません。

肥満を招いてしまう最大の原因は、食事後の血糖値の急上昇にあります。血糖値が上がるとすい臓からインシュリンが分泌されて血糖値を下げようとします。この作用が肥満を招く原因になるため、糖質の摂り過ぎには注意する必要があります。ただ糖質の摂取をゼロにするわけにはいきません。糖質は脳の唯一の栄養源となるため、欠乏すると集中力が低下したり、身体がフラフラしたりします。糖質制限をするときは摂取をゼロにするのではなく、空腹を感じない程度に減らしていく必要があります。理想的な方法は夕食時にご飯やパン・麺類などの主食を食べず、おかずだけにする方法です。夕食後は眠るだけという人が多く、就寝前はカロリーをあまり必要としません。また就寝中は空腹を感じにくいので、糖質制限をするなら夕食時がベストなのです。

食事制限で注意したいのは、漠然とカロリーを制限してしまう方法です。食事を減らせば確かに減量できますが、タンパク質の摂取量を減らしてしまう可能性があります。タンパク質は筋肉の原料となり、積極的に体脂肪を燃やすために欠かせません。タンパク質不足は肥満体質を招くので、カロリー制限をする人は十分に注意してください。カロリーは漠然と減らせばよいわけではなく、三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質の摂取バランスが重要なのです。糖質制限、脂質制限、カロリー制限ダイエットはどれがオススメ?という問題に対しては、糖質制限が最もオススメということになります。

 - ダイエット 10キロ