糖質制限、脂質制限、カロリー制限ダイエットはどれがオススメ?

      2019/05/19

糖質制限、脂質制限、カロリー制限など、さまざまな制限ダイエットがあります。では、これらの中でどれが一番効果的なのでしょうか。

●糖質制限について
糖質制限ダイエットは、カロリーは気にせず糖質だけを制限するダイエット方法です。カロリー計算をする必要がないことや、肉や魚などを食べることができる点が魅力です。
糖質は1gあたり3gほどの水分をため込む性質があり、糖質制限をすると体内にたまっていた水分が抜けていきます。そのため、糖質制限ダイエットはダイエットを始めた当初は結果がでやすいです。
しかし、長期的に厳しい糖質制限を行うと健康に影響を与えるといわれています。長期的に糖質制限を続けると、動脈硬化のリスクが高まるといわれているのです。
また、人によってはご飯やパンを食べないと食事をした気にならず、満足できないので結果的に食べ過ぎてしまうことになったり、ダイエットに挫折することがあります。

●脂質制限ダイエットについて
脂質は1gあたり9kcalで、糖質やタンパク質が1g当たり4kcalなことに比べるとカロリーが高いです。そのため、ダイエットの敵のように思われています。
しかし、脂質は細胞膜やホルモンの原料になったり、体のエネルギー源になったりなど大切な役割があります。
脂質を制限すると摂取カロリーを減らすことができ、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ればやせられると理論上は考えられます。
ところが、脂質を制限するとお腹が空きやすくなってしまい、糖質を食べ過ぎることがあります。糖質であっても食べ過ぎれば摂取カロリーが多くなり、カロリーを摂りすぎていてはダイエットの成功は難しいです。

●カロリー制限ダイエットについて
摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければダイエットは成功します。運動を長時間行ってやっとご飯1杯ほどのカロリーを消費できるので、運動よりも食べる量を減らした方が簡単なダイエット方法です。
カロリー制限ダイエットはカロリーの計算をしなければならないところが面倒です。しかし、低カロリー食品などをうまく利用すれば、満足感を得ながらダイエットができることでしょう。

●まとめ
それぞれのダイエット方法にはよい点・悪い点があります。これらを考慮して自分にあったダイエットを行うことが、ダイエット成功の秘訣です。

 - ダイエット 続ける コツ