ダイエット中、空腹を感じたときの対策

      2019/05/18

多くの方々は、ダイエットの為に食事制限も行っています。ですが食事制限を続けていると、だんだんお腹もすいてくるでしょう。その空腹を紛らわす対策は複数あって、水を飲んで空腹感を和らげる方法や、ガムを噛んでみる方法があります。

水を飲むかガムを噛んで空腹感を和らげる

お腹がすいてしまう原因の1つは、水分不足なのです。水分補給を怠ってしまうのは禁物なので、たとえダイエット中でも水分は摂る必要があります。
ちなみにダイエット中に水分を飲んでも、体脂肪率などが元通りになる訳ではありません。肉類やジャンクフードなどを食べてしまえば、ダイエットが台無しになってしまいますが、水は問題ないのです。
ちなみに水で空腹感を紛らわしたい時は、炭酸水が有効とされています。炭酸水が入っている水ならお腹も膨張しますので、満腹感が得られるからです。
なお冷水などを飲むのは、あまり良くないとされています。お腹を冷やしてしまうので、ぬるま湯や白湯にすると良いでしょう。
ところで脳の視床下部という箇所には、満腹中枢があります。そこの活動が活発になっていると、物を食べたいという欲も生じづらくなるのです。満腹中枢は、摂食中枢の働きを抑制してくれるからです。
どうすれば満腹中枢が活発化するかと言うと、物を噛むのが良いとされています。物を噛んで口を動かしていると活発化しやすいので、ガムを噛んでみるのも有効です。

どうしても我慢できない時は野菜にする

ですが上述のような方法を試みてみても、どうしても空腹感が収まらないケースもあります。どうしても耐えきれないのであれば、野菜から食べるようにします。少なくとも肉類などを食べるのは、避けるべきです。野菜には食物繊維が多く含まれていて、血糖値が上昇するのを防いでくれる作用があるからです。
ただし固形の野菜を食べるのは、できる限り控えるべきです。できる事なら、野菜ジュースにすると良いでしょう。青汁も食物繊維が豊富ですし、空腹感を紛らわしたい時にはおすすめです。

 - ダイエット 空腹 食欲 対策