ダイエット中、空腹を紛らわす方法

ダイエット中に空腹を感じてしまうこともありますよね。ダイエットをするときは多少の食事制限をすることが多いでしょう。ですが、空腹のときについつい間食をしてしまうと、ダイエットが台無しになってしまいます。では、ダイエット中で空腹を感じたときの対策を紹介したいと思います。

 

ダイエット中、空腹を紛らわす方法

ガムを噛む

ガムを噛むという行為は脳の視床下部にある「満腹中枢」が活発になり、「摂食中枢」が抑制されることがわかっています。そのため、噛むだけでお腹がいっぱいになります。ガムにはたくさんの種類があり、味もたくさんあるので、自分が好きな味を見つけてくださいね。

 

飲み物を飲む

胃に何か入れれば少しは満腹感を得ることができますが、食べ物を食べるのは抵抗がありますよね。そんなときにおすすめなのは飲み物を飲むということです。

水もおすすめですが、炭酸水はカロリーも糖質もゼロな上胃が膨らむので、空腹感を抑えたいときは特におすすめです。

ただ、ジュースなど甘い飲み物はカロリーが高いため、逆効果になってしまうので、飲まないようにしましょう。

 

寝る

もし家で何もすることがなければいっそのこと寝てしまいましょう。特に夜にお腹がすいてどうしようもなければその日は早めに寝てしまうのもひとつの方法です。

寝てしまえばお腹がすくことも忘れてしまえるので、おすすめですね。

もし、お腹がすきすぎてどうしても眠れない場合は水や炭酸水を飲んでお腹を満たしてから寝るようにしましょう。

 

交感神経を活発にする

交感神経を活発にさせると血糖値があがります。どうやって交感神経を上げるのかというと、趣味、好きなことを考える、好きな香りをかぐことが大切です。

好きなことに夢中になっているとお腹がすいているのを忘れてしまうので、何か夢中になるといいでしょう。

このように、お腹がすいたときの対策について紹介しました。何か間食をすれば解決しますが、できるだけ避けたいですよね。

もし、お腹がすいてどうしようもなければ上記の方法を試してみてくださいね。

 

ダイエットをするときにお腹がすいてしまいますよね。いくら運動を中心としたダイエットをしたとしても少しは食事制限をすることでしょう。そのため、食事と食事の間にお腹がすいてしまうこともありますよね。では、ダイエット中にお腹がすいたら食べてもいいものを紹介したいと思います。

●ヨーグルトとチーズ

乳製品は良質のたんぱく質やカルシウムが豊富で水より重量感もあるため、少量でも満足感を得られます。チーズやヨーグルトのような発酵食品は腸内環境の改善などうれしい作用もあるので、間食としてとても最適です。

●寒天

ほぼOkcalで食物繊維も豊富でさらに腹持ちが良いというとても優秀な食品です。味付けもしやすくいろいろな味があるので食べていても飽きにくいのも魅力ですね。食べても太りにくいのでダイエット中の間食としてとてもぴったりです。

●ゆで卵

卵は栄養も豊富で特にゆでて固くすると胃に長時間とどまるので腹持ちも良いため、間食をするのに向いています。コレステロールが心配という人もいますが、1個くらい食べるのはまったく問題がないので、お腹がすいたときに間食として食べましょう。

●小魚

カルシウム豊富でかみごたえがあり、DHAやEPAも豊富、細かいものでいっぱい食べた気になれるので、とてもおすすめです。またカロリーも低いため、間食するのにぴったりです。ですが、塩分が高めなので、食べすぎには注意が必要です。

●ナッツ類

アーモンドやクルミなどナッツ類はビタミンやポリフェノール、ミネラル、オレイン酸やオメガ3脂肪酸など体に良い栄養素がたくさんあります。脂肪を燃焼させたり、代謝促進などの効果があるのでとてもおすすめですが、塩分が高めだったり食べすぎはよくないので1日20粒くらいを限度にしましょう。

このように、ダイエット中の間食にぴったりな食べものを紹介しました。どれも手に入りやすく食べやすいものばかりなので、気になったものがあれば取り入れてみてくださいね。

 

ダイエット中にお腹が空いてしまうのは、本当に辛いですよね。そこで、ダイエット中に空腹を紛らわすポイントについて紹介したいと思います。空腹を紛らわすポイントを抑えてダイエットを成功させちゃいましょう。

■外出して気を紛らわそう

ダイエット中は、できるだけ外出するようにしましょう。家で退屈していると、お腹が空いていることばかり考えてしまいがちになります。

外出して、友達とおしゃべりしたり、1人でショッピングセンターなどを歩いてリフレッシュするようにしましょう。辛いダイエットを乗り切るには、リフレッシュが大切です。

ダイエット中は、できるだけ、外出をして気を紛らわすようにしていきましょう。

■夜は、早寝する

夜、いつまでも起きているとお腹が空くので、夜は早く寝るようにしましょう。お腹が空いていても寝ると忘れてしまいます。

睡眠は、ダイエットにもよいと言われているので、ダイエット中は、早く寝て空腹を紛らわすようにしましょう。

夜、お風呂にゆっくり入って、お茶か水で水分補給したら、すぐに寝るようにしましょう。

■ガムを噛んだり、ダイエット用のドリンクを利用する

どうしても空腹が辛いときは、ガムを噛んだり、低カロリーのキャンディーを食べたり、ダイエット用のドリンクを飲んだりしてみましょう。

ガムを噛むと少し、空腹を抑えることができるし、キャンディーを食べると甘みで少し満足できます。ダイエット用の炭酸飲料は、炭酸で少し空腹を紛らわすことができます。

ガムを噛んだり、低カロリーのキャンディーを食べたり、ダイエット用のドリンクを飲んだりして、気を紛らわすようにしましょう。

■まとめ

ダイエット中の空腹を紛らわすポイントについて紹介しました。ダイエット中は、辛いですが、上手く空腹を紛らわすポイントを抑えて、挫折しないように乗り切りましょう。

空腹を紛らわすポイントを活用して、ダイエットを成功させましょう。ダイエットを成功させて理想的な体型になれるとよいですね。

 

多くの方々は、ダイエットの為に食事制限も行っています。ですが食事制限を続けていると、だんだんお腹もすいてくるでしょう。その空腹を紛らわす対策は複数あって、水を飲んで空腹感を和らげる方法や、ガムを噛んでみる方法があります。

水を飲むかガムを噛んで空腹感を和らげる

お腹がすいてしまう原因の1つは、水分不足なのです。水分補給を怠ってしまうのは禁物なので、たとえダイエット中でも水分は摂る必要があります。
ちなみにダイエット中に水分を飲んでも、体脂肪率などが元通りになる訳ではありません。肉類やジャンクフードなどを食べてしまえば、ダイエットが台無しになってしまいますが、水は問題ないのです。
ちなみに水で空腹感を紛らわしたい時は、炭酸水が有効とされています。炭酸水が入っている水ならお腹も膨張しますので、満腹感が得られるからです。
なお冷水などを飲むのは、あまり良くないとされています。お腹を冷やしてしまうので、ぬるま湯や白湯にすると良いでしょう。
ところで脳の視床下部という箇所には、満腹中枢があります。そこの活動が活発になっていると、物を食べたいという欲も生じづらくなるのです。満腹中枢は、摂食中枢の働きを抑制してくれるからです。
どうすれば満腹中枢が活発化するかと言うと、物を噛むのが良いとされています。物を噛んで口を動かしていると活発化しやすいので、ガムを噛んでみるのも有効です。

どうしても我慢できない時は野菜にする

ですが上述のような方法を試みてみても、どうしても空腹感が収まらないケースもあります。どうしても耐えきれないのであれば、野菜から食べるようにします。少なくとも肉類などを食べるのは、避けるべきです。野菜には食物繊維が多く含まれていて、血糖値が上昇するのを防いでくれる作用があるからです。
ただし固形の野菜を食べるのは、できる限り控えるべきです。できる事なら、野菜ジュースにすると良いでしょう。青汁も食物繊維が豊富ですし、空腹感を紛らわしたい時にはおすすめです。

 

ダイエットを始めたものの、食事を量をコントールしたり、間食を辞めたりした事で、空腹感に耐えられなくなりそうな事があるものです。特にダイエットを始めて間もないと、空腹感に耐えられず、せっかく始めたダイエットを中止せざるおえないなんて言う事態も起きてしまうのです。
今回はダイエット中の空腹を紛らわす方法について掘り下げてみたいと思います。

◎歯磨きをして空腹感を紛らわす。

人間のイメージの中に、歯磨きをしたら食べ物を食べないと言う習慣や思い込みのイメージがあります。
子供の頃の生活習慣の中で、歯磨きをした食べ物を食べないと言う事を繰り返し、して来ているので、人間の脳の中には自然と歯磨きをした後は食べ物を食べないと言う植え込みがあります。
ですから、どうしても空腹感に耐えられなくなったら、まずは歯磨きをしてみましょう。
また、歯磨きをしたくらいでは空腹感が凌げないという方は、好みのデンタルペーストの歯磨き粉を使うと、満足感を得られるでしょう。

◎ガムやおしゃぶり昆布やスルメを食べる。

どうしても食べ物を口に入れて、噛んだ感覚を得られないと、脳やお腹が満足をしないと言う人は、カロリーが少ない、もしくはカロリー0のガムや低カロリーのスルメやおしゃぶり昆布を口に入れましょう。
噛み応えのある食べ物を口に入れて、何度も噛む事によって、脳も満足しますし、お腹も満足をしてくれます。
なるべく噛む回数を増やして、自分はちゃんと食べられていると言う事を意識させて、空腹感を紛らわしましょう。

◎ファンション誌を意識的に見る。

キレイになりたい、体型をコントールさせたい、健康の為に体重を落としたいと思ってダイエットをする人が殆どだと思います。
もし、空腹感に耐えられなくなり、ダイエットが困難になった場合は、ファッション誌でキレイなモデルさんの写真を見たり、自分が好きなモデルさんや芸能人の姿を意思的に見ましょう。自分のこうなりたいから食べないと言う決心が再度つくでしょう。

以上の3点がダイエット中の空腹感を紛らせるお勧めの方法です。

 

ダイエット中にいかに脂肪を減らすか?といったミッションをクリアするためには、ダイエット中の空腹をいかに紛らすかといった事が重要ポイントです。
ダイエット中にお腹がすいた時のために、食べてもOKな物のリストを下記に紹介していきますね。

●食物繊維類
ダイエット中は、普通の時よりも食事制限がかかっているので、便秘になりがちです。
そんなダイエット中の食事やおやつにおすすめなのが、食物繊維たっぷりの物です。
食物繊維たっぷりの物をピックアップしていきますね。

・キャベツのお好み焼き
お好み焼きの具も、キャベツたっぷりにすると、カロリーを抑えられるだけでなく、食物繊維もたっぷり取れます。

・食物繊維入り飲料
最近では、ジュース類にも食物繊維を配合している物が数多く発売されているので、おやつにジュースが飲みたくなったら、食物繊維たっぷりの物をセレクトして下さい。

・青汁
青汁には、大麦若葉やケールなどの食物繊維がたっぷり含まれています。
最近の青汁は、大変おいしく加工されているので、朝食代わりに是非活用してみて下さい。

・豆類
大豆、うずら豆、あずき、納豆といった豆類には、食物繊維だけでなく、植物性のたんぱく質も摂取できます。

・イモ類
サツマイモをおやつにすると、おいしく味わいながら食物繊維をたっぷり摂取できます。

・フルーツ類
キウイには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
バナナも食物繊維がたっぷり含まれているので、朝食代わりに是非活用して下さい。

・海藻類
わかめや昆布、寒天、ところ天は、低カロリーで食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。
おやつが欲しくなったら、寒天やとろこ天を食べると良いでしょう。

●まとめ
今回は、ダイエット中に食べてもOKな物について紹介していきました。
健康的なダイエットで成果を上げるためには、食事管理が重要なポイントとなってくるので、美容と健康に良い物の中から、低カロリーでダイエット向きの物を上手にセレクトしていって下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました