[日本語Alexa] ダイアログモードの途中で別のインテントに遷移、そして再び戻って来る

1 はじめに 本日公開されたAlexaブログで、下記のような記述がありました。 Previously, the dialog model required the user to complete the dialog […] 続きを読む

[Alexa日本語] プログレッシブレスポンスを使用して応答待ちの間に音楽やメッセージを流してユーザーを幸せにする

1 はじめに 外部のAPIをコールしているようなスキルでは、Alexaからのレスポンスが遅くなってしまうことがあります。青と緑のリングがグルグル回ってAlexaが頑張ってる(考えてる)感じのやつです。 少しの「待ち」であ […] 続きを読む

[日本語Alexa] AudioPlayerで署名付きURL(Pre-Signed URL)を使用する

1 はじめに Alexaでは、AudioPlayerインターフェースを使用してAudioファイル(音楽などのMP3)を再生することができます。 この時に指定するAudioファイルのURLは、一般に公開され外部からアクセス […] 続きを読む

[日本語Alexa] スロット値の誤認識をバリデートする

1 はじめに スロットが設定されたインテントでは、受け取ったスロット値を処理するわけですは、これが、必ず思い通りに取得できているとは限りません。 今回は、どのような種類の誤認識が存在するかを列挙し、その対策を考えてみたい […] 続きを読む

[日本語Alexa] ダイアログモデルでスロットを自由自在に操作するためのドキュメント

1 はじめに ダイアログモデルを使用すると、一切コーディングなしで必要なスロットを収集することができます。しかし、開発者コンソールからの設定だけでは、一定の型に収まらない、ちょっと複雑なパターンに対応するのは難しでしょう […] 続きを読む

[日本語Alexa] 強制的にステータスをCOMPLETEDに遷移させることで、複雑なダイアログモデルを作成してみる

1 はじめに ダイアログモデルでは、必須のスロットを設定することで、必要なパラメータを非常に簡単に集めることができます。しかし、開発者コンソールからの設定だけでは、自由な設計にはちょっと限界があります。 例えば、「Aスロ […] 続きを読む

[日本語Alexa] Google会議室予約スキルを作ってみました

1 はじめに 前回、Office365による会議室予約のスキルを作ってみたのですが、非常に好評を頂いたので、調子に乗ってG Suiteでも作ってみました。 最初に、今回作成したものを御覧ください。 2 会議室リソース 会 […] 続きを読む

[日本語Alexa] 受付スキル 〜小規模オフィスの無人の受付にEchoを置くとしたら〜

1 はじめに 小規模なオフィスでは、通常、受付に人はいません。恐らくインターフォンなどが置かれている感じでしょうか。 今回は、そのような受付に置いてみることをイメージしたスキルを作成してみました。 はじめに動作している様 […] 続きを読む

[日本語Alexa] 4桁の数字を確実に受けとるためには 〜より自然に会話できるスキル作成のために〜

1 はじめに 「より自然に会話できるスキル作成のために」シリーズも今回で4回目となりました。 今回は、特定の桁数の数値を受け取る方法について考えてみました。 以前紹介した、会議室予約のスキルですが、こちらでは、予約やキ […] 続きを読む