EC2 新インスタンスタイプ R4 のネットワークパフォーマンスを調べてみた | Developers.IO

注目したのは、r4.largeからr4.4xlargeのネットワークパフォーマンスにある、 「最大 10 ギガビット」の表現です。 公式ドキュメント によると以下のような記載があります。 R4 インスタンスサイズをより小さくすると、最大スループットは 10 Gbps になります。これらのインスタンスでは、ネットワーク I/O クレジットメカニズムを使用して、平均帯域幅使用率に基づいてインスタンスに… 続きを読む

RDS MySQL DBインスタンスからAmazon Aurora Read Replicaを作成可能になりました | Amazon Web Services ブログ

Amazon Web Services ブログ RDS MySQL DBインスタンスからAmazon Aurora Read Replicaを作成可能になりました by AWS Japan Staff | on 19 JAN 2017 | in Amazon Aurora , Amazon RDS | Permalink 24時間365日稼働しているアプリケーションが利用しているデータベースエンジ… 続きを読む

CentOS6.6にCloudWatchを設定する。 – 渋谷で働くとあるエンジニアの適当なブログ

2016 – 03 – 09 CentOS6.6にCloudWatchを設定する。 aws cloudwatch CloudWatchデフォルトで監視できる項目は、 CPU使用率 、ネットワーク帯域などOSに依存しない項目のみとなっていて、Memory、DISK、SWAP、プロセスなどOSに依存する項目は、 インスタンス にCloudWatchCommandLineTool / CloudWatc… 続きを読む

Amazon Lightsail インスタンスのスケールアップ手順を試してみた | Developers.IO

こんにちは、菊池です。 AWS re:Invent 2016で発表されたAmazon Lightsailで、インスタンスのスケールアップを試してみました。 手順 EC2インスタンスのスケールアップではインスタンスの停止 -> インスタンスタイプの変更 -> 起動 の手順で簡単にスケールアップが可能です。一方、Lightsailでは手順が異なり、現時点で以下の点に注意が必要です。 一度作成/起動した… 続きを読む

Amazonが画像解析のためのRekognitionを紹介

Amazonが画像解析のためのRekognitionを紹介 作者: Kent Weare , 翻訳者 編集部T 投稿日 2017年1月17日 | いいね 共有 |  後で読む マイリーディングリスト AWSのre:Invent会議で、Amazonはディープラーニングによって実現される画像の認識・解析のためのマネージドサービスであるRekognitionを 開始した 。Rekognitionが提供す… 続きを読む

通信すら飲み込むAmazon、ルーター用半導体も自社開発と公表 – AWS re:Invent 20…:ITpro Active

「全世界を100Gビット/秒の専用光ファイバー網で接続」「ルーター/スイッチ用半導体は自社開発」「一つのアベイラビリティゾーンで30万台のサーバーを運用」――。米Amazon Web Services(AWS)でデータセンター(DC)戦略を統括するJames Hamiltonバイスプレジデント( 写真1 )は2016年11月29日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」の基調講演で同… 続きを読む