AWS、「Amazon S3」の新ストレージクラス「One Zone-IA」を提供開始

AWSが発表、提供開始した「Amazon S3」の新しいストレージクラス「One Zone-Infrequent Access」は、オブジェクトを1つのアベイラビリティーゾーンに保存する低コストオプションだ。。ブロックチェーンまとめでは ブロックチェーン,hashgraph,ビザンチン,取引,技術,記事,情報,データ,管理,システム,台帳,解説,ウォレット,仕組み, … 続きを読む

[素朴な手順]CognitoでIdentityID別にS3バケットへのアクセス許可をつけてみます

ベルリンのはんせです。 はじめに モバイルアプリでS3バケット内のオブジェクトに対して利用者ごとに制限をかけたいというお問い合わせがありましたので、手元での動作確認手順をまとめてみました。 AWS CLIをAmazon […] 続きを読む

Amazon S3 Select が一般公開されたので使ってみた(Python)

スクリプトの準備. S3 Select and Glacier Select – Retrieving Subsets of Objects | AWS News Blog. Preview からの変更点(あまり意味ないですが). SelectRequest の中にあったものが Bucket や Key と同じ書き方となった. 以下のスクリプトを「test.py」として保存してください … 続きを読む

Python AWS Lambda Website for Collaborative project

PHP & グラフィックデザイン Projects for $2 – $8. I’ve got a Photoshop or AI design that I need skinned for a simple collaborative website system. Starting out – one page only. – Amazon S3 buckets – uploading files and downloading files. – Amazon … 続きを読む

広告表示するだけで仮想通貨を発掘させる不正手口、国内サイトで確認

このキャンペーンによって500以上のWebサイトが改ざんされていること、不正コンテンツの大部分がクラウドサービス「Amazon Web Service(AWS)」のストレージ「Amazon S3」でホストされていること等も判明しています。Amazon S3は、正規のAWS管理者がアクセス権限を適切に設定していなかった場合に、ホストされて … 続きを読む

ポータルサイトの広告に不正な仮想通貨採掘ツール 配信元が攻撃受け

被害に遭ったサイトを調べると、不正なコンテンツの大部分がクラウドサービス「Amazon Web Service」(AWS)のストレージ「Amazon S3」でホストされており、サイトのURLの一部にS3バケット(ストレージを管理する単位)の名称が含まれていた。これらを手掛かりに調べた結果、攻撃を受けたバケットは、セキュリティ対策に … 続きを読む

[NAB2018]カペラシステムズ、Cambria FTCの新バージョン4.0を一般初公開。クラウドストレージ対応 …

主要な新しい機能の1つに、AWSが提供するクラウドストレージサービスAmazon S3にダイレクトに書き込むことができる機能が追加されたことがあげられる。ローカルストレージに書き込みながら同時にクラウドで同ジョブをすることも、クラウドだけに実行することも可能。クラウドストレージを併用できることで、ローカルの … 続きを読む

AWSが低頻度アクセスデータ用の新ストレージクラス「Amazon S3 One Zone-IA」

AWSのAmazon S3担当バイスプレジデントMai-Lan Tomsen Bukovec氏は、プレスリリースで「Amazon S3 Z-IAは、アクセス頻度が低いオブジェクトのためのストレージを必要としているが、複数のアベイラビリティゾーンを利用した堅牢性は必要とせず、Amazon S3でもっとも低価格なストレージを利用することで経費を節減 … 続きを読む

「Amazon S3 One Zone-IA」発表

朝日新聞 TOP; <ZDNet Japan>AWSが低頻度アクセスデータ用の新ストレージクラス「Amazon S3 One Zone-IA」発表. スポンサード. noimage · <ZDNet Japan>AWSが低頻度アクセスデータ用の新ストレージクラス「Amazon S3 One Zone-IA」発表. 投稿日 2018 年 4 月 6 日 12:17:00 (朝日新聞). Source: 朝日新聞. 続きを読む

AWS Storage Gateway がS3 1 Zone 低頻度アクセスに対応

コンニチハ、千葉です。 現地時間、2018年4月4日に開催されている、AWS Summit 2018 San Francisco にて、S3 の新しいストレージクラス、One Zone-IA(1 Zone低頻度アクセス)が発表されました。 [速報] Amazon S3 により低コストなストレージクラス「1 Zone 低頻度アクセス」が登場しました. で、Storage GatewayのFile … 続きを読む