AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ⑤ 〜Route53 パブリックホストゾーン作成

Amazon Route 53を使用してDNS設定をします。 ドメインも取得できますが、今回はドメインを取得済みの前提で記事を書いています。 前回までの記事はこちら。 ※月額料金が発生します。詳細はこちら 前提条件 ・インスタンスEC2を作成済み → まだの方はこちら ・固定グローバルIPアドレスを取得済み →まだの方はこちら … 続きを読む

AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ④ 〜Elastic IP(固定グローバルIPアドレス)の …

AWS EC2インスタンスを作成した状態で割り当てられるIPアドレスは、動的IPアドレスのため再起動などで 違うIPアドレスに変わってしまいます。 DNS設定(次回記事紹介)をする前に、EC2インスタンスにElastic IP(固定グローバルIPアドレス)を 割り当てる必要があります。 前回記事の続きで作業を行います。 前提条件 ・EC2 … 続きを読む

AWS Directory Service(Simple AD)を利用したオンプレミスからのPrivate Hosted Zone名前解決 …

この記事に対して1件のコメントがあります。コメントは「これをみて、全て納得した。DirectoryServiceのDNSは、Provided DNSへのフォワーダーを兼ねているのね。」です。 続きを読む

AWS 逆引き(rDNS)設定を登録・解除する

AWSでは逆引き(rDNS)設定の登録・解除は申請ベースで行う必要があります。 rDNS登録 rDNS解除 また、rDNS設定したElastic IPを削除するためには、事前に逆引き設定の解除をする必要があります。解除申請時、「Reverse DNS Record for EIP」には記載しないことに注意。登録申請時に記載します。 続きを読む

カテゴリー 未分類 | タグ

AWS 利用時に、HTTPS 通信する方法いくつか – unching-starのブログ

ドメイン認証でよいのであれば、https で通信する時は、AWS Certificate Managerで証明書を取得し、CloudFront で選択すれば良いが、いろんな条件でそれが出来ないことがあるため、そのときの対処方法と問題点です。 AWS Certificate Manager で、CNAME を利用した、DNS検証を使う 特に制限が無く、自身でRoute53 … 続きを読む

Route53のヘルスチェック情報で月間合計ダウンタイムと稼働率を計算してみた | Developers.IO

はじめに. AWSチームのすずきです。 AWSが提供するDNSサービスのRoute53が備えるヘルスチェックを利用して、 Webサービスの月間の合計ダウンタイム時間を求め、 SLAなどの基準となる月間稼働率の計算を試みる機会がありましたので、紹介させて頂きます。 続きを読む

メールサーバ構築・独自ドメインのメールアドレス作成(3/4)~サーバーと独自ドメインの紐付編~

目標

最終目標 :メールサーバを立てて、独自ドメインのメールアドレスを作成する
今回の目標:サーバーと独自ドメインの紐付

必要なものごと

  1. サーバーリソース確保→ 前回の記事
  2. 独自ドメイン取得  → 前回の記事
  3. サーバーと独自ドメインの紐付→今回はこれ
  4. メールサーバのインストール・設定

どこのDNSサーバを使おうか

ホントはドメインとる前に考えておいたほうがよかったです。(浅薄)
以下3つを候補に、どこのサービスをつかうか検討しました。

2018年2月現在

候補 説明 月額
お名前.com ドメイン管理元 0円※
AWS(Route53) サーバ稼働元 料金表
Hurricane Electric Hosted DNS フリーDNSサービス 0円

※ 有料の機能もあり

Route53は月額利用料がかかりますが、可用性100%をうたっていてすごい。
今回は個人の趣味で作るものなのでもし数日落ちたところでそんなダメージはないですし、
委譲作業は何かと手間がかかりそうなので お名前.comさんにしました。

登録方法

管理メニューにアクセス

お名前.comさんのドメインナビにログインし
「ドメイン設定>ネームサーバの設定>DNS関連機能の設定>内部ドメイン一覧」から
対象ドメインを選択した上で「DNSレコード設定を利用する」を選択

レコード登録

必要な情報を入れて追加をクリック
image.png
– ホスト名 お好みで。
– TYPE   IPv4のグローバルIPアドレスとの紐づけであればAを選択。
– TTL   キャッシュに何秒情報を保持するか(長短でメリデメリあるようなので大人しくデフォルトの3600にしました)
– VALUE  サーバのグローバルIP

image.png
レコード登録作業と同じ画面の最下位のチェックボックスにチェック入れれば
どうやら必須らしいメールサーバーの変更もまとめてできちゃうらしいです。

ここまで入れたら、設定する 選択で完了!

確認方法

nslookupコマンドでホスト名を確認したら、登録したアドレスがでてくるよ!
登録から5分くらいしてからコマンド叩いたら秒で出てきました。
グローバルIPはまるで意味ありませんが申し訳程度に隠す。
image.png

SSHでも名前で接続できるようになりました。
image.png

続きを読む