AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ⑤ 〜Route53 パブリックホストゾーン作成

Amazon Route 53を使用してDNS設定をします。 ドメインも取得できますが、今回はドメインを取得済みの前提で記事を書いています。 前回までの記事はこちら。 ※月額料金が発生します。詳細はこちら 前提条件 ・インスタンスEC2を作成済み → まだの方はこちら ・固定グローバルIPアドレスを取得済み →まだの方はこちら … 続きを読む

[Route 53]他のAWSアカウントのVPCにプライベートホストゾーンを関連付ける

こんにちは、佐伯です。 結構昔のアップデートで追加された機能であり、既に当ブログでも紹介されていますが改めてご紹介したいと思います。今回は下記の合せ技みたいな感じです。 構成 ざっくりした構成は以下の通りです。VPCピア […] 続きを読む

S3 静的ウェブサイトホスティングのドメインを別のAWSアカウントで管理する

こんにちは、菊池です。 今回も小ネタで。 Amazon S3の静的ウェブサイトホスティングを利用すると、EC2などのサーバなしに静的なウェブサイトを公開することが可能です。また、Route 53を使うことで、公開するサイトのドメイン名を取得・管理できます。 今回は、管理上、複数のAWSアカウントを使っているケースでの設定例を … 続きを読む

イントロダクション 練習問題 問9

前へ|次へ ▷ 利用者が定義する仮想ネットワーク環境を、論理的に隔離されたAWSクラウドのセクションとして提供するのは、どのAWSクラウドサービスですか? VPC Route 53 CloudFormation SWF // 答え A 解説 VPC正しいです。 Route 53Route53は、AWSが提供する… 続きを読む

イントロダクション 練習問題 問7

前へ|次へ ▷ グローバルなファイル共有サービスの提供を計画していますが、できる限りエンドユーザーがファイルを取得する際の待ち時間を短くしたいと考えています。次のどのサービスが、ファイル配布をスピードアップに有効ですか? Storage Gateway EFS Route 53 CloudFront // 答え… 続きを読む