AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ⑤ 〜Route53 パブリックホストゾーン作成

Amazon Route 53を使用してDNS設定をします。 ドメインも取得できますが、今回はドメインを取得済みの前提で記事を書いています。 前回までの記事はこちら。 ※月額料金が発生します。詳細はこちら 前提条件 ・インスタンスEC2を作成済み → まだの方はこちら ・固定グローバルIPアドレスを取得済み →まだの方はこちら … 続きを読む

[Route 53]他のAWSアカウントのVPCにプライベートホストゾーンを関連付ける

こんにちは、佐伯です。 結構昔のアップデートで追加された機能であり、既に当ブログでも紹介されていますが改めてご紹介したいと思います。今回は下記の合せ技みたいな感じです。 構成 ざっくりした構成は以下の通りです。VPCピア […] 続きを読む

S3 静的ウェブサイトホスティングのドメインを別のAWSアカウントで管理する

こんにちは、菊池です。 今回も小ネタで。 Amazon S3の静的ウェブサイトホスティングを利用すると、EC2などのサーバなしに静的なウェブサイトを公開することが可能です。また、Route 53を使うことで、公開するサイトのドメイン名を取得・管理できます。 今回は、管理上、複数のAWSアカウントを使っているケースでの設定例を … 続きを読む

イントロダクション 練習問題 問9

前へ|次へ ▷ 利用者が定義する仮想ネットワーク環境を、論理的に隔離されたAWSクラウドのセクションとして提供するのは、どのAWSクラウドサービスですか? VPC Route 53 CloudFormation SWF // 答え A 解説 VPC正しいです。 Route 53Route53は、AWSが提供する… 続きを読む

イントロダクション 練習問題 問7

前へ|次へ ▷ グローバルなファイル共有サービスの提供を計画していますが、できる限りエンドユーザーがファイルを取得する際の待ち時間を短くしたいと考えています。次のどのサービスが、ファイル配布をスピードアップに有効ですか? Storage Gateway EFS Route 53 CloudFront // 答え… 続きを読む

SESでメール送信ドメインの登録を行う

目的

  • SESドメインを認証するための手順について整理する。
  • おそらく今後何度も行うと思われるので自分向けの備忘録

前提

  • 認証したいドメインがすでにRoute 53の管理配下におかれていること

手順

Route53の画面に移動する。

image.png

  1. SESのホーム画面で、Identity ManagementDomainsを選択する。
  2. Vefify a New Domainボタンをクリックする。

image.png

対象としたいドメイン名(ここではexample.com)を入力する。
また、DKIMを使ったメールの送信者認証を行う場合は、
Generate DKIM SettingsチェックボックスをONにする。
ここまで終わったら、Verify This Domainボタンをクリックして、
次の画面へと遷移する。

image.png

確認のダイアログが表示される(2回表示される。上記SSは2回目の画面)。
メールの受信を行う場合はEmail Receiving Recordのあたりに表示されるチェックボックスをONにする。
今回は設定するドメインがRoute 53の配下にあるので、Use Route53ボタンをクリックするのみで設定は完了する。
(Route 53以外で管理している場合は表示されたDNSレコードの設定をドメインを管理しているDNSに設定する)

image.png

設定したドメインのステータスがverifiedになっていれば設定完了。
AWSのCLIからメールを送信してみてちゃんと送信できるかも念のため確認すれば一旦はOK。

続きを読む