Knowledge Blog

ドメインも取得できますが、今回はドメインを取得済みの前提で記事を書いています。 前回までの記事はこちら。 ※月額料金が発生します。詳細はこちら 前提条件 ・インスタンスEC2を作成済み → まだの方はこちら … はてなブックマーク – AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ⑤ 〜Route53 パブリックホスト … 続きを読む

AmazonWebServices(AWS)WordPress構築シリーズ⑤ 〜Route53 パブリックホストゾーン作成

Amazon Route 53を使用してDNS設定をします。 ドメインも取得できますが、今回はドメインを取得済みの前提で記事を書いています。 前回までの記事はこちら。 ※月額料金が発生します。詳細はこちら 前提条件 ・インスタンスEC2を作成済み → まだの方はこちら ・固定グローバルIPアドレスを取得済み →まだの方はこちら … 続きを読む

サーバレス AWS s3 + cloudfront + route53 + ACM で静的website ホスティング のメモ

今更ですが、サーバーを使用せず、node環境でコンパイルした静的ファイルを、AWS上で公開する方法のメモです。静的コンテンツの配信性能を高めるために、cloudfront経由でs3にアクセスする正しい方法と、route53でドメイン管理、ACMでhttps対応をするなど、サーバーレスでのAWS上のwebサイトの公開方法をメモして … 続きを読む

RDSリードレプリカの負荷分散・冗長構成をRoute 53のヘルスチェックとCloudWatch Alarmで実現する

RDSの読取り性能向上に非常に有効なリードレプリカ。みなさん、お使いでしょうか。参照が多いアプリケーションの場合、書き込み用のマスターとは別に参照用のリードレプリカを構築するのがベストプラクティスです。 今回は、リードレ […] 続きを読む

AWS 利用時に、HTTPS 通信する方法いくつか – unching-starのブログ

ドメイン認証でよいのであれば、https で通信する時は、AWS Certificate Managerで証明書を取得し、CloudFront で選択すれば良いが、いろんな条件でそれが出来ないことがあるため、そのときの対処方法と問題点です。 AWS Certificate Manager で、CNAME を利用した、DNS検証を使う 特に制限が無く、自身でRoute53 … 続きを読む