Help with Amazon AWS server

さらに表示: create vpn server aws, create vpn server centos linux vps, create vpn server linux debian, create vpn server opensuse, create vpn server ubuntu, server setup amazon aws, command suse linux use create vpn server connection, create vpn server routing ubuntu, create vpn server makes … 続きを読む

AWS wordpress installation & Cpanel

さらに表示: aws cpanel cost, how i built a cpanel hosting environment on amazon aws, install cpanel on aws ubuntu, cpanel license for ec2, aws marketplace cpanel, cpanel aws lightsail, aws cpanel license, aws cpanel free, wordpress installation customization fee, wordpress adding page backend, … 続きを読む

Rancher2.0 Tech Preview2 ~Create a RKE Cluster~

Rancher2.0 Tech Preview2の主要機能として追加された「Create a RKE Cluster」は、RKE(Rancher Kubernetes Engine)を利用して、AWS、Azure、DigitalOcean、Packet、vSphereに対してKubernetesクラスタを作成することができます。(※2018年2月現在)

Rancher2.0 Tech Preview2からAWS上にKubernetesクラスタを作成してみましょう。

Tech Preview2のインストールはRancher2.0 Tech Preview2についての「Get Started with Rancher 2.0」を参考にしてください。

Rancher2.0 Tech Preview2でAWS上にKubernetesクラスタを作成

1.Rancher2.0 Tech Preview2 Serverにログイン後に、「Add Cluster」ボタンをクリックします。

image.png

2.「Create a RKE Cluster」の「Select」ボタンをクリックします。

image.png

3.nameに任意名を入力(今回はaws-k8s-clusterとします。)して、「Add a new cluster」をクリックします。

image.png

4.「Configure」をクリックします。

image.png

5.「Amazon EC2」を選択し、nameに任意名を入力(今回はaws-k8s-clusterとします。)し、Countは「3」、Regionは「ap-northeast-1」、Access keyとSecret keyはAWSのIMA Management Consoleでグループとユーザを作成し、そのユーザーのものを入力します。そして、「Next:Authenticate & select a network」ボタンをクリックします。

image.png

6.vpcを選択して、「Next:Select a Security Group」ボタンをクリックします。

image.png

7.「Next:Set Instance options」ボタンをクリックします。

image.png

8.「Create」ボタンをクリックします。

image.png

9.kubernetesの構成を作成します。最後に「Create」ボタンをクリックします。

image.png

10.しばらくするとkubernetesクラスタ構築が完了します。

screencapture-35-198-222-0-g-clusters-1517843931311.png

クラスタ名をクリックすると全体のリソース状況が可視化されます。

screencapture-35-198-222-0-c-cluster-8p8bq-1517844232326.png

11.上部メニュー「Nodes」を選択します。

AWS上に構築されたkubernetesクラスタの状況を確認できます。各クラスタ名をクリックするとリソース状況が可視化されます。

image.png

12.「KubeConfig File」ボタンをクリックします。

image.png

kubectlコマンドのconfigファイルをクリップボードにコピーできます。

image.png

kubectlコマンドを実行できるクライアントをローカルまたはサーバで構築します。今回はGCP上にGCEのインスタンス(Ubuntu 16.04 LTS)を1台用意します。

コマンド
$ curl -LO https://storage.googleapis.com/kubernetes-release/release/$(curl -s https://storage.googleapis.com/kubernetes-release/release/stable.txt)/bin/linux/amd64/kubectl

$ chmod +x ./kubectl

$ sudo mv ./kubectl /usr/local/bin/kubectl

$ mkdir .kube

$ vim .kube/config
#クリップボードにコピーした内容をペーストして保存します。
:wq

$ kubectl get nodes
NAME               STATUS    ROLES         AGE       VERSION
aws-k8s-cluster1   Ready     etcd,master   26m       v1.8.5-rancher1
aws-k8s-cluster2   Ready     worker        23m       v1.8.5-rancher1
aws-k8s-cluster3   Ready     worker        25m       v1.8.5-rancher1

これで、kubectlコマンドでアプリケーションをデプロイすることが可能となります。

13.AWSのコンソールを確認します。

インスタンスが3台で来ていることが確認できます。

image.png

以上となりますが、AWS以外のAzure、DigitalOcean、Packet、vSphereも同様にRKEでkubernetesクラスタを構築できると思います。

参考資料

RKE(Rancher Kubernetes Engine)

続きを読む

Need Hostname change of AWS Instance

さらに表示: ec2 set hostname on boot, aws change hostname centos, ec2 set hostname from tag, aws cloud-init hostname, aws change hostname ubuntu, aws change public dns, aws change hostname windows, cloudformation set hostname, I need some change, i need a buyer so that i can rent the … 続きを読む

Amazon EC2インスタンス、ネットワーク帯域増大

拡張された帯域幅を活用するには、現行世代のEC2インスタンス上でENA(、Elastic Network Adapter)対応の最新AMI(Amazon マシンイメージ)を利用する必要があるとされている。AMIはAmazon Linux、Ubuntu 14.04/16.04、RHEL 7.4、SLES 12、Windows Server (2008 R2、2012、2012 R2、2016)、AWS … 続きを読む